人妻家庭教師との合宿初体験

閲覧数:621 ビュー 文字数:1155 いいね数:0 0件

熟女大好き21歳です。

僕の初体験は、中学2年の夏、家庭教師をやとっていて夏休み先生の家に泊まりこみの合宿に行ったときです。

その日は、旦那さんと子供は実家に帰っていたらしく家には先生と僕の二人きりでした。

先生は当時53歳で体はポッチャリしたおばさん体系。

勉強部屋にはなぜか少し伸びかかっているTバックが外が晴れているのに家の中に5、6枚ほしていました。

まだ勉強が始まって1時間しかたってないのに《その時まだ午後2時》

「あせかいたでしょ。?お風呂にしょう。さきに入ってきなさい」

といわれ、お風呂にはいりにいきました。

脱衣所で服を脱いでいると目の前に目立つようにパンツが置いてあり、まだ中学2年だったぼくは、興味心身で手に取るとまだ温かみがあり、よく見るとぐしょ・ぐしょにぬれていました。

ぼくが風呂に入る10分前に先生は僕に課題をやらせ、脱衣所のほうでこそこそと何かをしていました。

僕は、パンツの匂いをかいだり、濡れている部分を少しなめたりして興奮して風呂に入って、勉強部屋に帰ると先生が全裸でいて

「先生暑いの苦手で脱いじゃつた。」

と言い、ぼくは何がなんだか頭の中真っ白で興奮して勃起してジーパンを破りそうな感じでした。

すると先生が、

「やらしいわね。そんな所大きくしちゃって。」

と言い。僕の勃起した性器を触り始めました。

「服ぬいじゃおおか。」

と僕の服を脱がし始めて、性器を口の中に入れて、

「おいしいわ。ぴんぴんしているわね。はずかしい?。こういうの初めて?」

僕が、はいと言うと、

「じゃあ?先生がいろいろ教えてあげるわね。」

と言い机の上にのり大股を開いて、

「これも大切な勉強だから。」

と言い、先生が自分の性器を指して説明を始め、

「ここに指を入れてごらんなさい。」

すでにぐしょぐしょのあそこに指を入れると、

「そうそう、きもちいわよ。もっと激しく。」

と大きな声を上げ始めました。

そして全身、足の裏から顔をなめられ、僕も全身なめました。

その後上に乗られた。

なかだししちゃいました。

その次は正常位で2発目なかだしでいき、その日は12、3発いっちゃいました。

合宿の3日間勉強を一切せず。

服も着ないで、3日間中ずっとSEX漬けでおわりました。

その後高校に行っても先生とはホテルなど週1回ぐらいのペースで、旦那さんにも見つからないようにSEXをして、今も週に1度ぐらいで僕も彼女にばれず、先生〔現在60歳〕とSEXしています。

マジ熟女にはまっています。

人妻とのすけべ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな人妻とのすけべ体験談を募集しています。人妻との不倫、浮気、いけない関係などなど、誰かに話したいエッチな体験談をお寄せ下さい!
投稿する