Dカップ人妻にゆっくりインサート

閲覧数:197 ビュー 文字数:1110 いいね数:1 0件

俺のセフレセレブ魔ダム、オーバー50の身長170足長。

Dカップでややたれ乳だがきれいな形を維持している。

ウエストは少し肉が付きつつあるがくびれている。

尻もややたれぎみだがトータル的には50代には見えない容姿。

日頃から身体には投資しているよう。

デート時は膝上の体のラインがわかるタイトなワンピースが多い。

パンプスは10㎝位のピンヒール、先日は季節がら生足でアンクルストラップ付きのヌーディーなヒールのサンダルに指先は赤のネイルアートが映えていた。

髪はミディアムショートにメッシュの茶髪。

化粧はNY(以前ダンナと伴に赴任してた)仕込みのメイクで眼にはマツエクにアイライン、アイシャドウバッチリで俺好みでエロい、リップはローズピンク。

俺的にはケバく赤でキメテほしいが今時いないらしい。

手の指のネイルはパープルとシルバーでグラマラスなカラーでいやらしい。

この指でフェラされながら乳首をツンツンされるとエロくて感じてしまう。

ブラとパンツはパープルベースに黒のフリルが付いていて妙に興奮してしまう。

先日、魔ダムとは久しぶりだったのでキスしただけで魔ダムの股間はマン汁ぐちょぐちょ。

音をたてて感じまくり、魔ダムは俺の股間に顔を埋め先から袋なめアスには舌先まで入れ、チンコはガチガチ。

今度は俺がクリを舌先でGスポを指で刺激すると感じまくり潮を吹きそうになるが、魔ダムはベッド上では潮吹きを絶対拒むので今度はアスを舐め回し、そのままシックスナインから騎上位で挿入・・・。

以前なら俺が下から激しく突き上げ乳首をなめまわし吸い上げると感じまくりよがっていたけど、閉経後はクリと膣をチンコに擦りつけゆっくりと動くほうが子宮の奥ボルチオにあたって感じるみたい。

その後はバックがお決まり、最初は魔ダムが腰を突き出しゆっくりインサート。

子宮ボルチオにあたりよがり始めたら後ろから両手を持ち突いてあげれば直に逝ってしまう。

フィニッシュは正上位、腰を持ち上げて突きまくれば魔ダムは狂ったように逝きっぱなし状態。

俺が逝きそうになると魔ダムは両乳首を愛撫してくれ極楽状態で中田氏。

中田氏中に俺の両脇から腰を撫でてくれる、その感覚はザーメンを搾り出すような感じで昇天できる。

セフレには子育ての終わった生活感のないセレブな魔ダムが最高。

来月はダンナがゴルフ旅行中。

(魔ダムいわく同伴でクラブの女性と行くんでしょ)

魔ダムが相続で所有した逗子の別荘で楽しんでくるよ。