エロい43歳の熟女

閲覧数:551 ビュー 文字数:1597 いいね数:0 0件

今年の頭から出会い系でメールしてた43歳の熟と今日会って来た。

茶髪のちょっと濃い顔で、少し体格のいいLILICOみたいだったw。

メールしてる時からエロエロで、若い男としたいのとセックスレスが1年以上で欲求不満解消したいのとであっさりセックスの約束が出来た。

会うまで写真交換とかしなかったので不安だったが、会ってみるとおばさん好きな俺のドストライクだったよw

会って挨拶もそこそこに熟の車に乗り込みラブホへ向かう。

「こういうとこ久しぶりだから緊張するわ」

って言いながら慣れた手つきで部屋を選んでたw。

部屋に入り、じっと俺の顔を見て一言。

「ねえ、チューしていいかな?」

「え、い、いいですよ・・・」

発情した雌の顔になって唇奪われたw。

もうめっちゃ舌吸われて揉まれて気持ちいいキス。

キスしながら俺の服を脱がせてくるw。

発情しまくってるw。

唇離せば糸引くわ、いきなりしゃがんでベルトはずしてズボンとパンツ下げてチンコ咥えるわで、ここは風俗かw。

しかもそのフェラがエロい。

ジュルジュル音立てるわ、俺の目を見ながら咥えるわ、チンコ唾液まみれになるわで視覚と聴覚が凄い。

「すっごいね、私でこんなに大きくしてくれるんだー」

って可愛い事を言うw。

フェラしながら熟も下着姿になってたんだが、それもあっさり脱ぎ捨てる熟。

ベッドに腰かけて恥ずかしげもなくM字開脚。

「ほら、もう私ヌルヌルなの、もう入れてくれる?」

ビラビラを指で開いて見せてくるんだけど、ホントにもう垂れてくる勢いで濡れてんのw。

こっちから全く前戯なしなんて初めてだよw。

おっぱいすら触ってねえw。

まあ時間はあるからって最初はそれでいいかってことで、ゴムつけて挿入。

「っあはあぁーっ」

と息を吐く熟。

すげえオマンコの中が熱い。

気持ちいい。

ゆっくり腰を動かし始める。

・・・が。

「・・・ち、ちょっとまって、おちんちん抜いて」

言いながら熟が自分で動いてチンコを抜く。

痛かったかのかな?と思う間もなくチンコの先をつままれてパチーン!とゴムをとられた。

「このまま、入れて」

カリの部分を掴んでオマンコに誘導するので、勢いのまま生挿入。

「え?いいの?」

と聞いたら

「せっかくの若いおちんちん、ちゃんと裸で感じたい」

だって。

もうね、相性がいいのか何しても喜んでくれるっていうか、久しぶりのチンコがホントに気持ち良かったみたい。

あまりに感じまくってくれるから、逆にこっちが一歩引いた感じで責めることができた。

とりあえず疲れてきたので一回出しとくかって感じでチンコ抜いて発射。

熟のおへそから胸のあたりまで精子が飛ぶ跳ぶw。

「・・・うわ、すっごいでるねー、気持ち良かった?」

発射から数秒のちに熟が胸の精子を指で舐めとりながら聞いてきた。

「めちゃくちゃ気持ち良かったです、熟さんエロいしw」

「私もすっごい気持ち良かったよー、こんなに出してくれて嬉しいし」

と言いながらおへその精子をもてあそぶ熟。

「もうね、オマンコの中もすっごい熱くなってるもん」

そのまま自分の指をオマンコに突っ込んでた。

「ちょ、熟さん、指、精子ついてる!」

慌てる俺。

「あ、やばw・・・まあもう生理になるから大丈夫・・・かな?」

あははと笑う熟。

ほんとかな。

まあ2回戦、3回戦は中出しさせてもらったけど。

精子搾り取られた感じだけど、今度また会う約束したよw