隣の部屋の巨乳主婦(下)

閲覧数:55 ビュー 文字数:7680 いいね数:0 0件

その日は朝から曇りで肌寒いです・・・

ぴんぽーん

「おはようございます」

「おはよう」

「どうぞ~」

その日の彼女は紺色のダンガリーシャツにベージュのスパッツです。

「ズボンめずらしいね~」

「そうでもないのよ、よく履くの」

「チーズケーキ作ったの、どうぞ」

「ありがとう」

コーヒーとチーズケーキがでました。

「上手にできてる、とてもおいしいよ」

「ほんと、うれしいわ~」

ソファーで並んでお茶してます。

最近の話題、世間話等をしました。

「こっちに来てよ~」

「えっ」

彼女をだっこするように、私の股の間に座らせます。

「いいかな」

「ええ、ちょっとなら」

後ろから手を回し、胸を鷲づかみにします。

そして彼女のうなじのあたりに顔を擦ります。

いいにおいがします。

「たまんない~、この重量感」

ずっしりとした乳房の量感が伝わります。

ダンガリーシャツのボタンを4つ外します。

濃い緑のブラです。

肩ひもを外し両乳房をだします。

乳首を舐めます。

「あ~ん、そこ敏感なの~」

舐めたあと、ゆっくり乳房全体を揉みます。

しばらくし、ズボンに手をかけました。

「ごめんなさ~い、きのうから生理になったの~」

「お口でしてあげるから」

「ああ」

「準備はどうかしら~」

彼女は私の股間に手をやりました。

「大丈夫みたいね、ベルトゆるめて」

ベルトを緩め、ズボンを膝下まで下ろします。

彼女はパンツの上から息子をしごきます。

そしてパンツの両端に手をかけゆっくり下ろします。

「わ~、元気だわ~すごいは~、いただきます」

いうやいなや息子を咥えました。

そして丹念に先っちょからしゃぶり始めます。

付け根へと・・・

しばらくしました。

「うっ、もうそろそろいいよ~」

彼女は息子を放しました。

「ねぇ~パイズリしてよ」

「えっ」

「パイズリ」

「パイズリって何~」

「お○ん○んをおっぱいに挟み擦るんだよ」

「私にできるかしら」

「これだけでかけりゃできるよ、ブラジャー取ったほういいかも」

「そう~、それじゃやってみるわ~」

背中に手を回し、ブラホックを外しブラジャーを取ります。

フルカップの大きなブラジャーです。

そしてダンガリーシャツのボタンも全部外し前が完全に開きました。

大きな乳房が突き出てます。

「和室のほうがいいかも」

隣の部屋にいきます。

「布団敷いてよ」

「ええ、いま敷くわ~」

彼女は布団を敷きます。

私は下を脱ぎました。

まずは、立ったままで・・・

「こっちに来て~」

彼女を引き寄せ乳房の間に息子をあてます。

「両側から挟んでみて」

「こうかしら」

「そうそう」

「なんか変な感じね~」

彼女の乳房はお碗型より釣鐘型で前に突き出てます。

「うまい、うまい」

私は息子を上下します。

「う~気持ちいい~」

「上手だよ、上手~」

「いつも奥様ともこんなことしてるの~」

「いや~初めてだよ」

「まあ~やだ~」

次に元気な息子を乳首に擦ります。

「いや~ん、変な感じよ~」

しばらくしました・・・

「仰向けに寝てよ」

「こうかしら」

「シャツ脱いでよ」

彼女は上半身裸になりました。

もう一度、息子を胸のところに持っていき挟みます。

「両サイドからぎゅっと挟みます」

「いくよ~」

私は激しく上下運動を始めます。

ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ・・・・

「うっ」

「あっ」

ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、どくどくどく・・・。

「え~・・・」

ついに爆発しました。

そして大量の精液が胸の上から首、あご、顔にまでかかりました。

「ごめ~ん」

「いいけど、すごい量ね~」

彼女はティッシュで拭きだします。

私もティッシュで彼女の顔、首を拭きます。

「ほんとにごめん」

「ええ、でも匂うわね」

「精液の~」

「そうよ」

ようやく拭き終わりました。

彼女はブラをつけ、シャツをきました。

「どう、すっきりした」

「ええ、まあ」

「私半年に1回ぐらいなの~、こないだ初めてしたでしょ、あれが今年初めてよ~」

「でも不思議よね。ブラジャーがお宅に入ったために私たちこんな関係になったのよ~」

「う~ん、そうだね」

翌週・・・・

「ねえ~、主人札幌転勤決まったのよ、娘の学校のこともあり単身でいってもらうわ~」

「へえ~大変だね」

「用心棒お願いね~」

「はい、コーヒー・・・」

「ありがとう」

「ケンジさんは転勤とかは・・」

「エリアで勤務決まってるから特に・・・」

今日の彼女は白のTシャツに花柄の涼しげな膝丈スカートです。

「きょうのスカート素敵だね」

「ありがとう、涼しいのよ」

「いいかな~」

「えっ」

キッチンにいき彼女を後ろ向きにさせます。

「えっ、ここで」

スカートを捲り上げます。

「すげ~・・・」

今日は真っ白のショーツです。

大きく発達したでか尻です。

お○ん○のあたりの肉付きがたまりせん。

「どうしたの~、いままで派手な色のショーツだったのに、きょうは白だね」

「ええ、そういう気持ちなの~」

後ろから身体を密着させます。

優しく、胸をさすり、そしてお尻を撫でます・・・。

「あっ、あっ・・・」

微かに彼女の声が漏れます・・・。

ショーツのクロッチの部分を横にずらし、指を入れてみました。

「だめ~・・・」

そこは既にぬるぬるで奥までなんなく入りました。

「ちょっと待ってね、コンドームもってくるわ」

「うん」

「はい」

「どうも」

下を脱ぎスキンをつけようとます。

「ちょっと待って、その前に食べさせて」

「うん、それじゃお願い」

「ちょうだい、おいしそう~」

ぺろぺろぺろ・・・しゃぶりだしました。

しばらくしました。

「もうそろそろいいよ」

私はスキンをつけました。

彼女を後ろ向きにし、テーブルに手をつけさせます。

スカートをめくり、ショーツを一気に剥ぎ取りました。

もう一度股間に手をあてます。

もうびちょびちょです。

股を開かせ尻を突き出させます。

ものすごい格好です。

真っ白な大きな尻が一層大きく見えます。

「いくよ」

ずぶずぶずぶ・・・

「あ~・・・・」

息子は奥深く入りました。

「お~すごい気持ちいい~」

Tシャツの裾をめくり、背中のブラホックを外そうとします。

なかなか外れません。

ようやく外れました。

その手を前にまわし、乳房を揉みだします。

「う~ん、たまんね~」

Eカップおっぱいの重量感を味わいます。

「きょうは、いつもよりすごいわね」

「そうかな」

両手で彼女の腰を抱えます。

ぺったん、ぺったん、尻を突きます。

そして相当濡れてます。

突くたびに、ぐちゅぐちゅいいます。

「あっ、あっ、あっ」

彼女は大きな声で喘ぎだしました。

「うっ、うっ、うっ、うっ」

そろそろいきそうです。

「もっと突いて、もっと!いきそうよ!」

これでもかというくらい突きます。

「いくぞ~」「きて~、いく~・・」

繋がったままソファーのところまでいき、ティッシュを多めにとり彼女の股間にあてます。

離れました。

「あ~すごかったわ~」

下半身むき出しで2人はソファーに座ってます。

ヘアーが少しきれいです。

「あれ、ヘアーどうかした」

「ええ、少し処理したのよ」

「多いでしょ、ショーツからはみ出るのよ」

「そうだね」

「やだ~」

「まだするでしょ」

「ああ」

2人はクチビルを重ねます。

首筋・耳たぶを愛撫します。

Tシャツをまくります。

きょうはブラジャーも白です。

「いいね~清潔感があって~」

「白が好きなんでしょ」

「どっちかというと、派手なのより白とかピンクとか・・・」

「やっぱり、そうだとおもったわ~」

Tシャツとブラジャーを取りました。

すっぽんぽんです。

脂肪ののったグラマーな肢体が現れました。

私も脱ぎ、裸になりました。

「隣の部屋へいきましょ~」

すでに布団が敷いてあります。

彼女は仰向けに寝ます。

乳首が起ってます。

ぺろぺろ舐めました。

「あ~ん、感じるわ~」

そのあと乳房全体を撫で、腹を愛撫します。

そして・・・。

私は彼女の両太ももを抱え一気にお○ん○を舐め始めます。

「あっ、だめ!」

彼女は私の頭を両手で押さえつけます。

しかし反対に股間を私の口に押し付けてきます。

愛汁とおしっこの味でなんとなく生臭いです。

「あっ、あっ、あっ、だめ・だめ・だめ・・・」

舐めるというよりは食べるです。

奥からは愛汁が泉のように湧きでます。

私の口のまわり、鼻の頭はどろどろのぬたぬたです。

20分ぐらいしたでしょうか、彼女は何度もいったようです。

まったく動きません。

その間にスキンをつけます。

上から覆いかぶさり、合体です。

「あ~ん」

彼女は低く呻きました。

正常位でひとつになり繋がったまま上にしました。

「重い」

上にして、これでもかというくらい下から激しく突きました。

ぶるんぶるん、巨乳をゆらしながら白目をむきいってしまいました。

その後、彼女は30分ぐらい起きませんでした・・・

それから・・・

彼女は起きました。

「お昼、スパゲッテーでいい~」

「うん」

2人は身支度しキッチンへ・・・

ペペロンチーノです。

にんにくが利いてます。

「おいしいよ~」

「ほんと、よかったわ~」

「はい、お茶どうぞ~」

「ありがとう」

しばらく休憩です。

「ねえ~お風呂入らない~」

「そうだね」

「随分、汗かいたから」

「それじゃ、よろしく」

彼女は風呂場に準備にいきました。

少し経ち、準備ができました。

「いっしょにいいかしら~」

「えっ、ああ、いいよ~」

脱衣所で着てるものを脱ぎます。

彼女もスカート・Tシャツを脱ぎ、ブラジャーを取ろうとしています。

私から入りました。

少し遅れて彼女が入って来ました。

かけ湯をし湯船につかります。

彼女も肩、大きな胸、そして股間とかけ湯をします。

「いっしょに、湯船に入っていいかしら~」

「いいよ~」

「ごめんなさ~い」

私の前に入ります。

ちょうど彼女の背中が私の前にあります。

丸い肩、まったり脂肪のついた背中、そして大きなでん部。

「そろそろ上がるよ」

湯船から上がりました。

「洗ってあげるから~」

「いいの、よろしく」

スポンジにソープをつけ洗います。

背中・尻の順です。

次は前です。

「はい、こっち向いて」

肩・胸・腹です。

「たくましいのね~スポーツは~」

「中・高サッカー、大学で自転車乗ってた」

「どうりでたくましいのね」

そして股間です。

「そこはいいよ自分でするよ」

「大丈夫よ、私にさせて」

ソープを付け直します。

ソープを泡立て息子をつつみます。

皮を剥き丁寧に洗います。

息子はもちろん、菊のほうまで丁寧に洗ってくれます。

息子がむくむく起き上がってきました。

「ま~あんなに出したのに、元気ね。もうびんびんよ」

洗いおわり、お湯をかけます。

彼女は私を見上げ、そして、いきり立った息子をほおばりました。

ちゅばちゅばちゅば・・・

一度抜いたので長持ちしそうです。

しばらくしました。

彼女はまだしゃぶってます。

私は彼女の股間に手をやりました。

ものすごい、びちょびちょです。

指2本をおま○○に挿入します。

なんなく入りました。

「あ~ん・・・」

指を出し入れします。

奥から愛汁が湧き出てきます。

「あっ、あっ、あっ」

彼女は感じてるようです。

そして私の腕にしがみつきます。

そして脚ががくがく震えはじめました。

「だめ~、いく、いく、いく~」

手に一層、力が入り私の腕にしがみつきます。

彼女は白目をむき、はてました。

それから2週間後・・・。

その日は疲れてて、なかなか起きれませんでした。

家内はいつものように、8時半にパートに行きました。

11時頃起きました。

朝から何度かメールがきてます。

「きょうはどうしたの~、早く来て~・・・」

携帯で電話し行きました。

「いや~毎日忙しくて・・・疲れがたまってるんだ」

「大丈夫、顔色あんまりよくないみたいけど」

「そうかな」

「はい、コーヒー」

「ありがとう」

「おいしい、ようやく目が覚めたよ」

「ね~娘が言うのよ・・・ママこのごろきれいになったって」

「ケンジさんのお陰よ」

「ほんとは、子供もう一人ほしいんだけど、お願いがあるの」

「なに」

「自然のままでしてほしいの」

「えっ」

「コンドームつけないで」

「正気かよ」

しばらく沈黙が・・・

時計の針は間もなく正午です。

「お昼にするわね。カツどんよ」

私はもくもくとカツどんを食べました。

おいしかったです。

「はい、お茶」

「ありがとう、おいしかったよ。元気がでてきたよ」

テレビを見てくつろぎます。

しばらくしました。

「お願いできるかしら」

「・・・」

「おこってるの」

「いや」

2人は隣の和室に行きました。

すでに布団が敷かれてます。

シーツ、枕おニューです。

「バスタオル敷くわ」

彼女は大きなバスタオルをシーツの上に敷きました。

そしてスカートを脱ぎます。

ベージュ色の大人っぽいショーツです。

私もズボンを脱ぎました。

2人は布団に入ります。

クチビルを重ねます。

いつもより濃厚なキスです。

「あっ、あっ、あっ」

首筋・耳たぶを愛撫します。

しながら右手でブラウスの上から大きな胸を撫でます。

「あ~ん・・・」

彼女は感じ始めてます。

キスをしながらブラウスのホックを外します。

前が開き、ベージュの大きなブラジャーが現れました。

巨乳がブラジャーを持ち上げてます。

みごとです。

背中に手を回し、ブラホックを外しました。

そしてカップをズリ上げます。

ぼろんとみごとな巨乳が顔を出しました。

乳首をつまみます。

こりこりしてます。

だんだんたってきました。

「あ~ん、乳首感じるの~」

「あ~ん・・・」

彼女は感じておりシーツを掻き毟しってます。

私は乳首を舐めたり、おっぱい全体を揉んだりしました。

そして肩をださせブラウスを脱がせます。

彼女は自分から肩を出しました。

そしてブラジャーもとりました。

ショーツ一つです。

私の息子はすでにびんびんです。

私もシャツを脱ぎ上半身裸になりました。

彼女の手を私の股間にあてます。

パンツの上から息子を力強く握ってます。

私は彼女のショーツのなかに手を入れます。

あそこはすでにぬるぬるです。

指1本を入れます。

「あ~ん・・・」

奥まで入れたり、出したりします。

なかから愛汁が泉のように湧き出ます。

そうしてると、彼女は私のパンツに手を入れ息子をしごきだしました。

そろそろです。

彼女のショーツを脱がせます。

生臭い匂いが広がります。

「お願い、生でして」

「うん」

私もパンツを脱ぎます。

息子はいきりたち、大きく天を仰いでます。

我慢汁がでてるようです。

彼女に覆いかぶさります。

ずぶずぶずぶ・・・

「あ~ん、入るわ・・・お○○ちん、生で奥まで入ったわ」

息子は彼女の奥深くで大きく怒張しています。

ピストン運動をします。

「あっ、あっ、あっ・・・」

彼女はシーツにしがみつき、ものすごく感じてようです。

「そろそろいきそうよ、いっしょにね~」

「いっ、いっ、いっ、いぐ~・・」

「うっ、うぐ」

どくどくどく・・・大量の精液が流れ出ています。

2人は同時にはてました。

はてたあとも、しばらくひとつでいます。

しばらくたちました・・・

ようやく離れます。

彼女の股間からは、精液があふれ出ています。

息子も光っています。

ティッシュを数枚取り、彼女の股間にあてます。

「あ・り・が・と・う」

彼女は小声でいいました。

まだ、ぐったりしています。

その日は、もう一度しました。

後ろからです・・・