鈴木○香似の人妻(上)

閲覧数:54 ビュー 文字数:6440 いいね数:0 0件

つい最近のマジ話です。

文章下手なのは勘弁してください。

俺の住んでるアパートは、1階が大家の家と駐車場で2階(1LDK×2部屋)を賃貸にしているんです。

俺は今年の3月からここへ引越してきて(1人暮らし)大家はもちろん隣の部屋にも挨拶へ行った。

不動産屋からは、隣は新婚さんだと聞いていたのでどんな若奥様か、もちろんのこと期待していました。

出てきたのは、30前後かと思われる奥様で鈴木京香似の落着いた感じのする女性だった。

その時は、ホント挨拶するだけだったが、何故かドキドキしてた。

それからは、たまに隣の音に聞き耳を立てることもあったが、期待していたアヘアヘ声などは聞こえず、平穏な暮らしをしていた……のですが、先月のGW前のこと。

時間は夜11時位。

隣から怒鳴るような声が聞こえたので、TVのボリュームを少し下げるとはっきりとは聞こえなかったが、どうやら夫婦喧嘩してる様子だった。

次の日の朝、俺は家を出ると、隣の奥様もちょうど出かけることろで挨拶をかわした後、奥様から声をかけてきてくれた。

「ご出勤ですか?」

※奥様=Tさんとします。

俺「はい、そうです。Tさんもですか?」

T「私はちょっと出かけるだけです」

そんな会話をしながら、最寄の駅まで一緒に歩いて行ったんですが、今考えると、この朝の出会いこそ、この先の大きなキーポイントでした。

この時聞いたTさんの事を少し…。

Tさんは現在29歳で、旦那は35歳。

結婚したのは約1年前。

旦那とは職場結婚で、旦那の希望でTさんは既に退職し、今は専業主婦。

結婚してから今のアパート住まいだが、子供ができたらマンションを購入予定。

旦那は会社の役職で、仕事柄、出張する事が多いし、ちょっと口煩いらしい。

…俺は駅でTさんとの別れ際

「旦那さんの愚痴とかならいつでも聞きますよw」

何て冗談っぽく言うとTさんは

「ありがと、その時はよろしく」

って笑ってくれた。ヤッホー!

俺は、どうせ社交辞令だろう思いつつも、やはり期待はしていた。

それから2日後の4月30日の事。

俺は会社の帰りに仲間と飲んで終電に乗り、帰る途中に駅前のコンビニに寄ると。

なんとTさんも買い物をしていたのでビックリ!

俺は自分の目を疑ったが、間違いなくTさんだったので、早速、声を掛けてみた。

俺「こんばんわ!」

さすがにTさんも驚いていた。

T「あっ!?Sさん(俺)か~、誰かと思った」

俺「こんな時間に買い物ですか?」

T「何か眠くないし、暇だったから」

俺「あれっ?旦那さんは?」

T「今日から3日間出張だって」

正直、俺の顔はニヤケてたと思う。

俺「連休じゃないんですか?」

T「暦なんて関係ない仕事だから…」

俺「そうなんですか~。それじゃ、寂しいですね」

T「もう慣れたから寂しくはないよw」

俺「あの~、もし良かったらちょっとだけ一緒に飲みません?」

正直、ちょっと焦りすぎ?と思ったが…。

Tさんは最初少し渋ったが「少しだけなら」と言ってOKしてくれ、コンビニで缶ビールやチュウハイを買込み、俺の部屋で飲むことになった。

さすがに最初はTさんも緊張したような感じだったが、酒が進むにつれ、Tさんは旦那の愚痴を言い始め、Tさんは話の途中で

「ごめんね。こんな話」

と言いつつも、言いたい事は結構あったようで、ほぼ一人で話続けていた。

時間はAM2時近くになっていて、Tさんは時より欠伸をしていたので、

俺「全然気付かなかったけど、もうこんな時間なんですね」

T「ホントだ。ごめんね、こんな遅くまで」

俺「いえいえ、俺は明日から休みだから構いませんけどTさんもう眠いですよね?」

T「うん、ちょっとね…」

俺「明日って、何か予定あるんですか?」

T「予定はないよ。暇だから買い物行こうかなって思ってた」ヨシヨシ。

俺「一人でですか?」

T「そうだよ。買い物はだいたい一人で行くから」

俺「俺も明日暇なんで、ご一緒しちゃダメですかね?」

T「えっ、私の買い物に付き合ってくれるの?」

俺「やっぱ図々しいですかね?車出しますんでどうですか?」

T「ん~、私はいいけど、何か悪くない?」

俺「俺のことは気にしないで下さい。じゃあ、決定でw」

ってことで、次の日の10時に約束して、その日は別れました。

そして次の日、俺がTさんの部屋に迎えに行くと、Tさんは白のワンピースにデニム地のシャツ姿で部屋から出てきた。

早速、車に乗り込み、行き先を色々検討した結果、せっかく車だしと言う事で、地方のアウトレットモールに行く事になった。

目的地に着いて、まずは昼食をとり、その店を出た後、俺はさりげなくTさんの手を握ってみると、Tさんは驚いた様子もなく、何も言わずに俺の手を握り返してきたので、俺はこの時

「ヨシッ!今日はいけるぞ!」

と自分に言い聞かせた。

その後は夕方まで各店舗を回り、アウトレットモールを出たのは18時過ぎ。

何故かお互いにあまりお腹も空いていなかったので、カラオケ行って歌いながら

「なんかつまめばいっか」

と言う事になっていた。

帰りの車内では、Tさん結構眠そうだったので、

俺「寝ててもいいですよ」

T「うん。寝ちゃったらゴメンネw」

俺「いいですよ。気にしなくて」

俺はそう言ってTさんの手を握ると、Tさんは眠そうな顔をしながらも少し微笑んでくれた。

その表情はマジで可愛く、すぐにでも抱きしめたくなったが、運転中なのでそれはさすがにできず、なんとかガマンした。

辛抱辛抱…。

しかし、次の信号待ちの時、俺が何気なくTさんの顔を見ると、Tさんは

「んっ?」

って顔で俺を見たので、俺はその表情に理性を失い、Tさんを引寄せ、軽くキスをしちゃいました。

Tさんは抵抗するどころか軽く目を閉じ、俺の唇を受け止めてくれたので、信号が青に変わるまで何度か軽いキスを交わしてました。

カラオケでは、俺はさずがに飲まなかったが、Tさんは生ビールから始まり、チュウハイを何杯か飲んでいて、お互いに結構盛り上がってしまい、アッという間に2時間が経ち、延長するか迷っていた。

俺はトイレに行って、戻ってくると、Tさんは一人で歌っていたので、その横にピタリと座り、歌の間奏の時に耳元で

「さっきはいきなりキスしてすいません」

と言うとTさんは笑顔で、

「今更謝らないでよw」

と言ったので、Tさんの腰に手を回し、更に体を寄せてみた。

俺「もう一度イイですか?」

T「そんな事聞かないでよ…」

そう言ってこっちを向いたので、そのままキスをすると、Tさんは目を閉じ、持っていたマイクを置いて、その手を俺の太腿に置いてきた。

俺はTさんの体を引寄せ、互いの舌を絡め合いながらのディープキス。

お互いの気持ちは確認できたと思ったので、延長はせずにカラオケを出て車に乗り込んだ。

車に乗ると、Tさんは自ら俺の手を握ってきて、

T「これからどうする?」

なんて聞いてきたので、

俺「Tさんは明日予定あります?」

T「別にないけど」

俺「だったらこのまま俺と一緒にいてくれます?」

T「うん…」

だってさ!

別にどっちかの部屋でも良かったんですが、別の環境の方が、お互い大胆になれるかなと思いまして…。

ホテルに行く事にしました。

途中コンビニで酒を買込み、何ヶ所かホテルを回ったが、連休のためかどこも満室状態で、5ヵ所目にやっと部屋に入れた。

先程の良い雰囲気もちょっと一段落しちゃっていたので、とりあえずビールで乾杯した後、Tさんと一緒に浴室を見に行くと、浴室はかなり広く、壁の一面はガラス張りになっていた。

T「これじゃ、丸見えで恥ずかしいねw」

俺「一緒に入れば恥ずかしくないですよ」

そう言って俺は浴槽にお湯を入れ始め、Tさんと一緒に部屋へ戻った。

T「一緒に入るのも、それはそれで恥ずかしくない?」

俺「恥ずかしいのは俺も一緒ですから」

そう言ってTさんを抱きしめ、キスをしながらベッドに移動し、お互いの服を脱がし合い、2人とも下着だけの状態になっていた。

Tさんは上下ピンクの下着で、レースの柄の入った高そうな下着だったので

「これ勝負下着ですか?w」

と聞くと

「あんまり見ないで」

と言って、恥ずかしそうに俺に体をくっ付けてきたので、照明を少し暗くしてからブラを外して胸を揉み、乳首をコリコリして摘んでみた。

Tさんは思った以上にスタイルが良く、胸はそれほど大きくはないが、俺の手にピタリと納まり、揉み応えは最高だった。

乳首の感度は良いようで、触るとすぐに硬くなり、Tさんの息遣いも次第に荒くなってきたので、俺は乳首に吸付き、舌で乳首を転がしてみるとTさんは俺の頭に抱きつくような格好で、本気で感じ始めた様子だった。

俺は手を下へ移動し、パンTを脱がしにかかると

「ダメ、お風呂入ってからにしよ」

と言って、体を捩った。

俺は乳首から一旦口を離し、Tさんにキスをしながら今度はパンTの上からマムコに指を当てると、Tさんは唇を離し

「お風呂のお湯溢れちゃうよ」

と言って、足を軽く閉じて指の動きを止めようとしていたが、俺は何も言わずもう一度キスをした。

クリの辺りを更に刺激し続けると少しずつTさんの鼻息が荒くなり、足の力も抜けてきていたので、俺はTさんの太腿をゆっくり外へ開くと、素直に足は開かれました。

それを機に俺は指をパンTの横から滑り込ませ、じかにマムコを触ると、そこは既に充分なほど濡れていて俺の指はすぐに汁塗れになった。

Tさんは俺に強く抱きつき、恥ずかしいのか声が出るのを必死に堪えている様だったが、クリを指先で上下に擦ると

「あっ」

と、初めて大きく声を漏らしたので、暫くクリを集中的に弄っていると急に

「んっんっ」

と言いながら体がビクッとなりイッてしまったようで、マムコはかなりの洪水状態になり、パンTには染みができていたほどだった。

俺は指で軽くマムコを撫でながら

「イッちゃったんですか?」

と聞くと、

T「そうみたい……」

ハァハァして目がトロ~としていた。

俺「すごい濡れちゃいましたね」

ピチャピチャと音が出るようにマムコを触ると

T「もうダメだよ~」

そう言って、俺の腕を掴んできたが、指は自由に動いたので、ゆっくりと中指をマムコに入れ、指先を少し曲げて動かすと

T「あぁぁ~~」

と、大きく喘ぎ、俺の腕を力強く握ってきた。

俺はTさんの足を大きく開かせ、激しく指を出し入れし、マムコの中を掻き回した。

T「すごい気持ちイイ…」

そう言うと、トランクスの上から既にギンギンになっているチムポを握り、激しく上下にシゴキだした。

俺「またイッちゃいます?」

指を2本入れて更に激しく指を出し入れしてみた。

T「あぁ~ホントにイッちゃう…イクよ…イクよ……んはっぁ~~」

先程とは違い、Tさんは大きく体を反らせ、ビクンビクンしながら果てていた。

Tさんは少しグッタリしていたが、チムポはしっかり握ったままだった。

T「こんなに…気持ちイイの…久々…」

息を整えながらそう言うと、再びチムポを持つ手がゆっくりと上下し始めた。

俺「大丈夫ですか?そろそろ風呂入ります?」

わざとらしく聞いてみると

T「あっ、お湯止めないと…」

と言いつつも手の動きは止まらない。

俺「たぶん勝手に止まってると思いますよ」

俺の指もクリ周辺をイジイジ。

T「そうなんだ…じゃあ、そろそろ入る?」

Tさんはニヤリと笑った。

俺「どこにですか?」

指の動きを少し早めた。

T「そこに…入る…?」

Tさんの手の動きも早くなっていたので、

俺「えっ、どこ…ですか?」

再びマムコに指を入れ焦らしてみた。

T「入れて…」

小さな声でそう言ったが、

俺「えっ?何ですか?」

良く聞こえないふりをすると、Tさんは急に俺の上に乗ってきて、素早くトランクスを脱がし、元気良く飛び出てきたチムポをシゴキながら

T「入れちゃうからね」

TさんはまだパンTを穿いたままだったのですが、自らパンTを横にずらし、ゆっくりと腰を落して生挿入。

最初はゆっくりとしていた腰の動きも、次第にピッチが上がっていった。

Tさんの腰の動きは上下にではなく、互いの陰毛が擦れるように前後に激しく腰を動かした。

この動きは非常に気持ちよく、今まで味わったことのない騎上位だった。

俺「欲しかったんですか?」

Tさんはコクリと頷き

T「だって…なかなか…してくれないから…」

そう言って腰を動かし続けた。

俺はいつでもイキそうな状況だったので、一旦、体勢を変えようと思い、上半身を起し、座位のような格好になったがそれでもTさんは俺に抱きつきながらも腰を動かし続け…。

俺「そんなにしたらイッちゃいますよ」

T「いいよ…でも…中はダメだよ…」

そう言ってはいるが、腰は止まらず、

俺「この体勢じゃ抜けませんし、マジでヤバイっすよ」

するとTさんは体を倒し、俺を引寄せ、次は正上位でとお誘いを受けたので、ご希望のとおり正上位で挿入し、今度はこちらから突きまくった。

Tさんは俺の手に自分の手を重ね

「そんな事したらまたイッちゃう」

と言うので

俺「ここが気持ちイイんですか」

と聞いてみると

T「全部気持ちイイ…」

と言って、重ねた手に少し力が入っていたので、俺はその手を取り、自身の指でクリを触らせてみると

「ダメだよ…」

と言ったが、

俺「一緒にイキましょう…」

そう言って俺が腰の動きを早めると、それに合わせてTさんの手も動きだし、自らクリを刺激し始めた。

Tさんは指先でクリを押さえ、手全体を左右に激しく動かしていたので、そんな光景をみた俺は、一気に限界が近づき

「俺もうイッちゃいます」

と言うと、

T「私もイク~~」

その声で俺はチムポを抜き、Tさんの下っ腹に近づけるとなんとTさんはチムポを握り、自らの腹に向かって手コキでイカセテくれた。

……その後、一緒に風呂に入り、フェラ~立ちバックで二発目。

ベッドに戻ってから丁寧にマムコをクンニしてあげ、69~騎上位~バック~正上位といろんな体位を楽しみ三発目。

その間Tさんは何度もイキ、終った後もお掃除フェラまでしてくれて、さすがに2人とも疲れ果て、就寝したのは4時すぎでした。