人妻デビュー

閲覧数:151 ビュー 文字数:8356 いいね数:0 0件

バイト先の人妻さんと、とうとう身体の関係持ってしまった…。

人妻デビューしました。

ここの皆さんが言うように、人妻病み付きになる理由がよくわかりました。

きっかけは人妻さんが新しくバイト入ってきて、俺が教育係を任された。

ま、それまで俺が一番下っ端だったので、必然的な流れで。

履歴書の写真見てめっちゃ綺麗だったから会うの楽しみにしていたが、実際は更に綺麗で体型もスラっとしていて俺のモロタイプだった。

例えるならアナウンサーの森川夕貴に似てるかな。

エロさも有るというか、とりあえず会っただけで勃起したの覚えてるwww

教育係りという事でシフトも俺と人妻さんはほぼ同じで組まれてて、勿論バイト中は接する頻度も多く、割と仲良くなるのも早かった。

後々本人から聞いた話だけど、俺が人妻さんの好きなジャニーズグループのメンバーに似てたから、むこうも最初から凄く好印象を持ってくれていたらしい。

1週間くらいかな?

人妻さん、仕事覚えるのも早くて、俺の教育係り期間は早くも終わったw

シフトも最初は俺と人妻さんセットだったが、人妻さんも頭数に数えるようになり、シフトが別々の回数も増えた。

そんなある日、人妻さんから

「最近シフトあまり重ならないね…寂しいなぁ。まだ仕事完全に覚えてないから不安…」

みたいなことを言ってきた。

「俺居なくても、他の人居るから聞けば大丈夫だよ!」

って返したら、

「◯◯くんが聞きやすいんだもん。ね、もし良かったらLINE交換しよ。なんか困った時、連絡取りたい。」

みたいな感じで人妻さんからLINE交換依頼があった。

別にバイト先の他の人も優しいから、困ったらその人たちに聞けば良いのにと思ったけど、これも後々聞いた話、人妻さんが単純に俺とLINE交換したかっただけみたいw。

そんなこんなで、LINE交換し、人妻さんはバイト以外の事でも連絡してくるようになった。

仕事で困った時に連絡取るとか言ってたくせにw

で、プライベートな話もするようになり、下ネタトークまでもするようになった。

人妻さん小学生の息子が2人居るんだが、

「昔はDカップあったのに授乳してBになった」

とか、

「ちゃんと産後は膣体操したよ」

とか…

俺は人妻と何て会話してんだろ?とか思ったけど、まぁ楽しかった。

「膣体操しても緩々でしょ?」

とかからかうと、

「そんな事無いもん!」

みたいな意地張ってきて可愛いかったw

俺はビビリ症だから、人妻とエッチするなんて考えてすらなかったが、綺麗で色っぽい容姿と、LINEのやり取りでは可愛いさもある人妻さんのギャップに段々惹かれてしまっていた。

俺は彼女も居るが、LINEのやり取りの回数は明らかに人妻さんとのが多い。

今でもそう。

人妻さんの家庭は、旦那と小学生の息子さんが2人の4人暮らし。

毎日、子供と旦那が寝静まる23時くらいからが俺と人妻さんとのLINEする時間帯。

旦那が出張や飲み会で遅い日は通話もしてる。

だいたい最終的に下ネタトークになり毎回俺は冗談半分で

「子供2人も産んだから絶対緩々でしょ?」

みたいにからかう。

人妻さんは必死に否定してくる。

この繰り返しw

で、ある時、また同じような会話してたら、

「もーそんな意地悪言うなら、挿れてみてよ。絶対緩々じゃないもん!」

と、まぁ衝撃な返事が返ってきた。

あの言葉には興奮した!

長々とすいません。

ま、そんなこんなで人妻さんの思いもよらない言葉に完全に興奮してしまった俺はスイッチが入ってしまった。

「じゃあ挿れさせて。緩々かどうかは俺が実体験してみて判断する」

と言うと、

「機会があればね!」

という濁した返答だった。

「機会って何?」

と言うと、

「そういう機会。」

とだけ言って、

「今日はもう寝るね…」

といい逃げられてしまった。

俺はとりあえず、人妻さんとヤるの想像しながらシコったけどw

人妻さんに完全に惹かれてしまった俺は、翌日の朝一で、

「昨夜の会話覚えてる?」

的な内容のLINEをした。

その後返事が来て、

「覚えてるよー!」

と来た。

俺は、

「本気にしちゃうよ?」

と送ると、

「うん。だって何回も緩々じゃないって言っても信じてくれないじゃん…」

だと。

え?そこ?笑

信じて貰いたいが為に他人棒の挿入許可するんかい!と思ったが、更に俺は興奮した。

「本当に良いの?俺信じちゃうからね。旦那とかにバレないの?」

等々、ビビリ症の俺はこんな事ばかりLINEしてた。

人妻さんは、

「だから機会が有ればの話。子供も居るし、主人も居るから、夜は絶対無理。私は昼間しか時間ないけど昼間は◯◯くん学校でしょ?」

みたいな返信が来た。

迷わず俺は、

「授業サボるから昼間会おう!」

と送った。

「いいよ!」

と返事が来るかと思いきや、

「授業サボるのはダメ。ちゃんと授業受けておいで。」

と言われた。

やはり思わせぶりか。

掌で転がされるとはこういう事かと思った。

俺は凄い失望というか、騙された感じがした。

それが怒りというか、遣る瀬無い気持ちになり、俺は人妻さんに対して

「嘘ついたね。やっぱり思わせぶりだったんだね。もういい」

とだけ、返信した。

そりゃ人妻だし、リスクしかない不倫なんて手を出さないよな。

その後、LINEの返事は来てたが、一切開かずに無視した。

結局、無視したまま授業に行った。

昼休みになり、友達と学食に行こうとした時、人妻さんから電話が来た。

それも無視した。

昼飯食べてる間も、2回くらい電話来たけど全て無視を貫いた。

今考えると、子供並みのいじけぶりだったなと我ながら恥ずかしいw

無視するっていう低レベルの反抗w

その後も、一切LINEを開く事無く午後の授業に行った。

そして午後の授業も終わり、この日はバイトも休みだったんで、友達と映画観に行く事にした。

で映画も観終わり、飯も食べ、確か22時くらい?だったと思うけど、友達と駅で別れた。

それまで全く人妻さんの事忘れてて、駅で電車待ちしてた時、そういや!無視してた!と、何かあれだけ意地張ってたのに、急に人妻さんと話したくなった自分が居た。

慌ててLINE開くと、

「嘘ついてないし、思わせぶりとかじゃないよ…嫌な思いさせてごめんね。」

と書いてあった。

更にもう一通、たぶん映画観てる時に来たのかな。

「怒ってる?ごめんなさい。明日の夜時間作れそうだから、会わない?」

とあった。

俺のために時間作ってくれたのかな?と嬉しくなり、すぐ返信した。

「俺こそ、子供みたいに無視したりしてごめんなさい。明日会いたい!」

と送った。

すると、すぐ既読になり、

「返事くれてよかった。心配したよ。明日の夜ね、ママ友と食事する予定だったけど、ママ友の子供が熱出したみたいで、中止になったの。主人には元々言ってあるし、子供達は実家に預ける事にしてたから。2時間くらいなら時間大丈夫だよ。」

と来た。

ヤレる!

と確信したw

みるみる勃起していくのが分かった。

電車待ちしてたから、恥ずかしかったw

で、明日の為に精子溜めときたかったから、オナ禁したかったけど、我慢出来ず、帰宅して即オナ開始で2発も出してしまったw

その日はそのまま寝た。

ちょい時間無くなってきたから、短縮して書きます。

当日。

19時に某ショッピングモールの駐車場で待ち合わせした。

僕は歩き。

人妻さんは車で。

僕は電話しながら車の場所まで行き周りを警戒しながら後部座席に乗り込んだ。

不倫の待ち合わせ?

ドラマで見た事あるけど、いざ自分がやると結構ヒヤヒヤする。

金曜日の夜だったから、車は多くて紛れそうだけど、誰かに見られてるんじゃないか?という不安がヤバかったw

乗り込むなり、とりあえず移動するからしゃがんでて!と言われた。

そこから車で30分くらいの所にダムがある。

山中という事もあり夜はまぁ、誰も来ない。

そこに車を止めた。

「やっと着いたね。私も後ろに行って良い?」

そう言って、人妻さん(以後ゆりえさん)も後ろに来た。

「昨日はごめんね。嫌な思いさせちゃって。私、思わせぶりであんな事言わないよ。」

ゆりえさんがそう言って、僕の手を握ってきた。

俺はこの状況の中でも疑心暗鬼になり、

「ホント?」

と聞き返した。

ゆりえさんは笑いながら、

「もーどんだけ疑い深いの?思わせぶりの人が、車の中で2人きりになる?」

と笑いながら言ってきた。

俺は拗ねながら、だって…と黙り込むと、ゆりえさんが

「じゃあ、どうしたら信じてくれる?」

と聞いてきた。

俺は

「キスしてくれたら信じる」

と答えた。

すると、ゆりえさんは何も言わず、俺の頬っぺたにキスしてきた。

俺は

「何で頬っぺた?口にしてよ…」

と言うと、ゆりえさんは

「それは恥ずかしいから◯◯くんからして」

と言われた。

俺は、

「して良いの?」

と言ったら、ゆりえさんは無言で頷いた。

俺は、数秒沈黙して、その後、ゆりえさんを見つめた。

ゆりえさんは目を閉じた。

俺は、ちゅっ!と軽くしてみた。

一度唇を離した。

ゆりえさんが目を開けて、

「もう一回!」

と言ってきた。

俺は、

「うん。」

と言い、もう一回した。

今度は唇を離さなかった。

するとゆりえさんから、舌を入れてきた。

まず俺の唇を舐めながら、その後ゆっくりと俺の口内に入ってきた。

ゆっくり、ネットリ、ディープキスが始まった。

彼女とは味わえない、大人のキスって印象。

大人のキスをしばらくしてた。

ゆりえさんの唾液が凄く美味しかった。

口臭い女は即萎えするが、ゆりえさん全く口臭無く、たぶん歯磨きしてきたのかな?息も歯磨き粉の匂いした。

10分くらいかな?ずっとキスし合ってた。

で、ゆりえさんがキスしながら、手をゆっくり俺のチン◯まで持ってきて、ハーフパンツ履いてたんだけど、その上から摩るように触ってきた。

キスの時点でフル勃起してた俺のチン◯。

さらに勃起加速w

ゆりえさんの人差し指でチン◯の先をスリスリ。

そして我慢汁大量発射でハーフパンツ越しに湿ってきたwww

キスを終えると、ゆりえさんはそっとハーフパンツを下ろしてくれた。

そしてパンツも。

車の後部座席に座っているので、膝まで下ろす感じ。

で、ゆりえさんは横から舐める体勢。

うまく説明できなくてすいませんw

パンツまで脱がされた俺は、もうされるがまま。

ゆりえさんにチン◯を握られ、ゆっくり上下にシコシコ。

唾を垂らし、人差し指で俺の我慢汁と馴染ませ、クチュクチュ手コキ開始。

ゆっくり過ぎず、早過ぎず、絶妙なスピードでシコシコされた。

握る力も優しく、時々人差し指で鬼頭を刺激。

もうこの時点でイキそうだった。

ゆりえさんも察したのか、

「イキそうなの?まだダメだよ。」

とか言ってきて、めっちゃエロかった。

ゆりえさんに、

「舐めて良い?」

と言われ、

「はい!」

と思わず敬語になった俺www。

それが、ゆりえさんウケたらしく、笑ってたw

そして、まず舌先でレロレロ。

玉から裏筋を経由して鬼頭まで。

ゆっくりネットリ。

まだ咥えてはくれない。

焦らされた。

「くすぐったい?」

意地悪に聞いてくる。

「凄い大きいね…これどうされたい?」

「咥えてほしい」

と答えると、

「いいよ」

と言われ、鬼頭が口内に入りきるくらいまで咥えられた。

出したり入れたり。

ゆりえさんの口内が生暖かく、射精しそうになる。

「気持ちいい?」

またイヤラしく聞いてくる。

「はい。」

俺はまた敬語になる。

「先っぽだけで良いの?奥は?」

普段あんな清楚で綺麗なゆりえさんが、こんな淫乱な事言って責めてくる。

この状況だけで、もうヤバい。

(今も思い出しながら何度もオナしてますw)

「奥まで咥えて!」

お願いすると、先っぽまで咥えてた状態からス~っと奥まで咥えてきた…

奥まで来たら、舌先でレロレロ。

そのまま、引く抜かれる。

この時のゆりえさんの舌や唇の当て方が絶妙過ぎて、一気に射精感が増しくる。

また奥まで咥えて。

止める。

その後、ヌルヌルさせながら引き抜く。

これの繰り返し。

これを4、5回されて、恥ずかしながら射精してしまったwww

ゆりえさんの口内でブチまけてしまった。

ゆりえさんビックリして、思わずチン◯から口を離し、車内に垂らしてしまったwww

「もー、イクなら言ってよー」

と、可愛い顔しながら言ってた。

人妻ってホントエロいなと思った。

恥ずかしいながら、フェラでいかされた。

人生初w

フェラがこんなに上手い人初めてだった。

それを伝えると、ゆりえさんも満足気にしてた。

エロい。

ホントにエロい。

人妻だからエロく感じるのか、ゆりえさんがエロいのか。

とにかくエロい!

この言葉に尽きる。

射精してしまった俺…

ゆりえさんはダッシュボードからウエットティッシュを取ってくれ、拭いてくれた。

太ももや車内に飛び散った精子を拭いてくれた。

「す、すいません。気持ち良すぎて出してしまいました。」

そう謝ると、

「大丈夫よ。そんなに気持ちよかった?」

と笑いながら、言ってくれた。

「ここも綺麗にしなきゃね。」

そう言うと、またチン◯を口に含み、まとわりついた精子を綺麗に舐め上げてくれた。

そのままごっくん。

若いから、また大きくなってるよ!

ゆりえさんが嬉しそうに言う。

恥ずかしながらフェラでイッてしまった俺。

更にお掃除フェラで再びフル勃起。

俺は、ゆりえさんに抱きつき、胸を揉んだ。

急に抱きついたから、ゆりえさんもビックリしてた。

「あん…」

とヤラシい声を出すゆりえさん。

シャツのボタンを外し、脱がした。

白のブラが余計に清楚さが増す。

ゆりえさんを外側に向かせ、背後から前に手をまわし、ブラの上から揉みしだいた。

そしてブラもはずした。

胸の生の感触を味わいながら、また揉みしだく。

乳首をいじめる。

あん…身体をビクつかせるゆりえさん。

胸は小ぶりだが、やわらかい。

乳首や、胸の形を見たくて、ゆりえさんをこちら側に向かせる。

堪らず恥ずかしがり、胸の前で腕を組み隠す。

「ほら、ちゃんと見せて。ゆりえさん。」

先程とは形勢逆転で、今度は俺がゆりえさんを責める。

組んだ腕をほどかせ、胸を露わにさせた。

綺麗な形をしていた。

乳首は薄い茶色で乳輪は小さめ。

堪らずしゃぶった。

また、ゆりえさんがヤラシい声を出す。

俺は、乳首を舐めながらゆりえさんの下半身に手を伸ばした。

スカートを捲り上げ、パンツの上から筋を指でなぞってやる。

既にヌルヌルになっていた。

パンツから染み出している。

「ゆりえさんヤラシいね。こんなヌルヌルになってるよ。」

俺は意地悪言ってやった。

ゆりえさんは凄く恥ずかしそうにしてる。

色っぽいし可愛い。

とうとうパンツの中に指を入れた。

びちょびちょ。

綺麗な人妻が他人の前でマン◯をびちょびちょに濡らしている。

この状況だけでも興奮する。

指をゆっくり入れてみる。

確かに緩々では無かった。

指1本はヌルっと飲み込むんだけど、2本はキツい。

だんだん指ピストンを早める。

喘ぐゆりえさん。

めちゃくちゃエロかった。

指を中で曲げ、Gスポットを刺激してやる。

ゆりえさんは呆気なくイッた。

クリもさほど刺激してないのに指マンだけでイクゆりえさん。

相当敏感。

イキ果てたゆりえさんが、

「◯◯くん、入れて。」

いきなり言ってきた。

「え?ゆりえさん、生で良いの?」

俺が聞くと、

「うん。だってゴム無いでしょ?」

「あ、うん。無い。」

「生で良いよ。今日大丈夫な日だから。」

まさか、いきなり人妻デビュー戦で生経験するとは思わなかった。

人妻に生挿入。

最高にエロい。

俺はゆりえさんのパンツを脱がした。

だが、いざ入れようとしたら、流石に車内は狭かった。

俺が座り、座位の体勢になったが、ゆりえさんが天井にぶつかるw

ゆりえさんを座らせ、足を開かせた状態にし、俺が中腰の姿勢になりながら挑戦したが、これまた上手くいかない。

するとゆりえさんが…

「外に出る?」

と言ってきた。

二人で外に出た。

「人来ないよね?」

ゆりえさんが言い出したクセに心配してる。

「大丈夫だよ。ゆりえさん、裸になろう!」

「え?このままでしようよ。もし人来たら…」

「誰も来ないってば。大丈夫大丈夫。」

そう言って、俺は自ら裸になり、ゆりえさんの衣服も脱がせた。

夜の外で、裸になり抱き合った。

ディープキス。

そして我慢の限界が来て、ゆりえさんを後ろに向かせた。

車に手をつかせた状態にし、立ちバックの状態にした。

ヌルヌルなゆりえさんのマン◯に俺のチン◯の先を当てがう。

初の人妻マン◯。

ゆっくり味わうように鬼頭だけ入れた。

ゆりえさんは、人が来ないか心配してたクセに、鬼頭が入っただけで喘ぐ。

ゆっくり鬼頭だけ出し入れする。

ヌルヌルなゆりえさんのマン◯。

我慢できなくなったのか、ゆりえさんが、

「◯◯くん、奥まで入れて。」

とお願いしてきた。

いよいよ、人妻マン◯デビュー。

俺は数回鬼頭だけでピストンした後、奥まで一気に突いた。

「あぁぁぁんっ!!」

ゆりえさんの喘ぎ声が響き渡る。

奥を突き、一気に引き抜く。

また奥まで一気に突いて、抜く。

とうとう人妻のマン◯デビューした。

彼女(21歳)のマン◯とは全く違う感触。

締まりは、やはり若い女には劣るが、何と言うか、包まれてる感じ?

上手く表現出来ないが、めちゃくちゃ気持ちいい。

チン◯を優しく包み込んでくれてる感覚。

病み付きになる。

気づいたら、俺は無我夢中で腰振ってた。

2、3分もたなかった。

俺は何の許可も無く、ゆりえさんのマン◯の中に射精した。