家庭教師時代に(上)

閲覧数:135 ビュー 文字数:9873 いいね数:2 0件

俺のコンプレックスは、チンチンがでかいことだった。

ふざけんなバカヤロー、 死ね、と思われるかも知れないが、事実だから仕方がない。

中学の時は水泳の時間に必死で盛り上がりを隠そうとして笑われ、女子にも冷たい目で見られ、高校は男子校だったのでましにはなったが、合宿などで先輩に、

「お前でかすぎるぞ。やばいって。立たしてみろよ」

などとからかわれ続けた。

本当は水泳部に入りたかったのだが、水着になるのが嫌で大学の体育会は諦めた。

自慢してんのかバカヤローと思われても仕方がないが、俺にとってチンチンがでかくていいことなどこれまで一つもなかった。

おまけに、

「風俗嬢はデカチンは大嫌い」

「女の子が告白!大きさなんて関係ない!」

などの俺の元に集まる情報は不利なものばかり。19の春を迎えても俺は童貞のままだった。

大学に入り、俺はブラバンをやることにした。

正直まったく経験がなく、運動バカだった18年間だが、人前で着替えなくてすむような部活に入ろうと決めていたのだ。

吹奏楽なら、俺のデカチンをからかうような下品な男もいないだろうし、女子も多いので俺の灰色の青春に終わりを告げるチャンスも増えるに違いない。

まったくの初心者は珍しがられたが、俺のやる楽器は先輩によってチューバに決められてしまった。

身長182で体重が82、水泳で無駄に広がった肩幅を見て決められたのだろうか?

初心者の俺に先輩方は丁寧に教えてくれ、俺も始めて経験する文化部の和やかな雰囲気に満足していた。

3年生や4年生のお姉さまがたは、もっちゃりとしたうちの大学にしては結構垢抜けていて(私学の生徒に比べれば多分全然違うのだろうが)、身長と同じく年々増大していく性欲を昇華するロンリーな行為に、優しく教えてくれる先輩方を使ってしまい、しばしば自己嫌悪に陥ることもあった。

7月が終わり、そろそろ授業も休みになる頃、チューバのリーダーをしている先輩(♂)が、

「あのさあ、アベッチ(俺のことです)、家庭教師やるつもりない?」

と俺に聞いてきた。

ブラバンはなぜか文系生徒が多く、俺のような理系バカはその先輩を入れても少なかった。

「1人のことだ。」

「俺で良ければ、バイト何にもしてないですし、そろそろ仕送りだけじゃ辛いかなって思ってたとこなんで助かります。」

と俺は答えた。

「5歳の男の子なんだけどね、数学だけが苦手なんだよ。」

「俺留学試験受かっちゃってさあ。ヒャクパー落ちると思ってたから受けちゃって・・。」

「紹介してくれたのが、アベッチも知ってる××先生だから、こりゃどうしようかな、と思って」

と先輩は言った。

先生、というのは、個人的に演奏を見てくださる人のことだ。

次の週、俺は先輩の車の助手席に座り、一応面接らしきものを受けに向かっていた。

「あべっちに頼んだのはさ、もちろん理系ってこともあるんだけど」

先輩が俺に言った。

「あるんだけど、なんですか?」

「あべっちさ、うちの女子に教わる時、すげえ緊張してるよね(笑)同期の女子と話すときもなんか表情硬いし」

俺は少し傷ついた。

「男子校でしたもんで、キモイっすか?」

俺は答えた。

先輩は少し慌てたように、

「あ、違う違う、あべっち女子に人気あるんだよ。」

と笑った。

「いいですよ。別に」

俺は少し傷ついたので、ぶっきらぼぅに返事をした。

「違うんだって」

先輩はタバコに火をつけて俺に言った。

「あべっちみたいな雰囲気の奴って、あんまりうちみたいなとこいないじゃん。」

「まあガタイもいいし、妙に礼儀正しいし、練習まじめだし」

「はあ」

俺は答えた。

「あべっちにつけたあだ名知ってる?うちの女子どもが」

「知りません。」

「武士」

先輩は笑った。

「ドーモくんっていうのもあるらしいけど。あのさ、悪口じゃないと思うよ」

といわれても俺は結構傷ついた。

「あのさ、今から行く家のお母さんがさ、結構美人でさ、うち結構ちゃらちゃらした奴多いっしょ?」

先輩は言った。

「あべっちなら間違いはないと思って。向こうもあべっちみたいな爽やかな方が安心すると思うんだよな、うん」

結果的に先輩の期待を裏切ることになってしまったわけだが。

マンションに着いた。

その家は端部屋で、4LDKのいわゆる高級マンションだった。

結構美人というお母さんは、確かに綺麗だった。

中三の息子がいるようにはとても見えず、小柄だがアクセントのある体つきで、セミロングの栗色の髪の毛は綺麗にセットされていた。

向こうもなかなか、

「この人はどうも」

とはいいにくいだろうが、とりあえず面接は合格だった。

先輩や先生の顔を潰さないように、俺はとにかく真面目に教えた。

もともと数学を教えるのは嫌いではなく、ユウダイ君(もち仮名)も俺になついてくれた。

俺は週二回のカテキョーが楽しみになっていった。

成績が目に見えてあがったのも嬉しかったが、これはそれまでが悪すぎただけで、コツさえ教えれば中学の数学は誰でもできる。

俺の楽しみはもちろん綺麗なお母さんだった。

どことなく宮崎よ○こに似た顔立ちや、優しい声。

小柄なのに結構胸が目立ち、腰や脚は細いほうだ。

俺のロンリーフィンガープレーの対象は、お母さん一色になっていた。

ユウダイによると、21の時に生まれたらしいので、今は36歳になるわけだ。

その日も俺は、紅茶を置いて部屋を出ていくお母さんの、脚とおしりを、超横目で見ながら、

「さて」

と仕切り直した。

ユウダイが、

「こんどあいつら家に来るんだよ、いやだなー。」

と背伸びした。

「友達が家に来るのがいやなのか?」

俺は聞いた。

「この前さ、三者面談で母さんが学校に来たんだ」

「へえ、で?」

「あいつらさ、お前の母さん美人だなー、とか立ったとか言うんだよ」

と怒っていた。

「先生みたいに大人じゃないんだよなあいつら。人の母親そんなふうに見るなってーの。ね?」

俺は、恥ずかしかった。

二学期がはじまり、ユウダイは無事中間をクリア、後は期末を乗りきれば内申はほぼ安全圏内に入るほどになった。

その日、俺は部活を終え、バイクにまたがりユウダイの家に向かった。

途中でいきなり物凄い雨が降ってきた。カッパ忘れた・・。

俺は結構ずぶぬれになってしまい、ようやくユウダイの家についた。

部屋番号を押してしばらく待つと、お母さんの声が聞こえた。

「アベです」

と言うと、

「え?」

といつもと違う反応だ。

オートロックが解除され、俺は上にあがった。

部屋に入るとユウダイはいなかった。

今日からサッカー部の合宿があり、引退した3年生も學校に泊まり込みで指導にあたるらしい。

「あの子、先生にはちゃんと言うって」

お母さんは申し訳なさそうな顔をしていた。

「でも」

と笑いながら、

「ひどいかっこう、びしょびしょじゃない(笑)」

と言い、

「とりあえずシャワー浴びてください」

とさらりと怖いことを言った。

「いえいえいえ」

俺は手を振った。

お母さんはまじめな顔で、

「風邪引かすわけには行かないでしょ?とりあえず温かくしてきて下さい。」

と俺を風呂場に誘導し、

「脱いだらそこの篭に入れておいて下さいね。」

と言った。

俺は熱いシャワーを浴びながら妄想を頭から必死で振り払っていた。

シャワーをあびていると。お母さんが籠の中から俺の服を取り出し、洗濯機にかけているのが曇りガラス越しに見えた。

「とりあえず洗って乾燥機掛けますね。Tシャツは主人ので我慢してくださいね(笑)」

なにこの展開。いやいやただの好意好意。

しかし俺のチンチンは当然激しくボッキしていたのはいうまでもない。

いかん・・おさまれ俺の本能。

収まらない。

これじゃ出れないぞゴラア・・。

俺は最後の手段に出た。

お母さんの気配が消えると、俺はいつもより3倍早くフィンガープレーを試みた。

しかし勝手知らない他人の家、うまく暴発してくれない。

俺はシャワーを冷水に切り替え、チンチンに直撃させ、なんとか鎮めた。

シャワーを出てみると、シャツとスウェットが置いてあった。

Tシャツはなんとか入ったが、スウェットはどう履こうとしても無理だった。

ケツの肉と太ももが、ホットパンツよりも締められた姿でシャワーから出ていくと、お母さんは台所でなにやら作っていた。

「今日は主人も出張で簡単なもので済ませるつもりだったから、たいしたものは出来ないけど・・」

と言い、俺の姿を見て、お母さんは笑い出した。

「やっぱり小さいねー。とりあえずバスタオル巻いておいて貰っていい?」

「いや、そんな遠くないんで、洗濯おわったら帰ります。家で乾かしますし。」

と俺が言っても、

「何言ってるの、ご飯食べ終わる頃には乾いてると思うし」

と聞いてくれない。

食事が終わり、コーヒーでも入れるから、とお母さんは流しに立った。

「ソファで待って置いてください」

と言うがソファには行けない。

バスタオルがヒマラヤ山脈のように聳え立っている。

「あの、俺、そろそろ失礼しないと」

と言うと、

「何か用事でもあるの?」

とお母さんはあくまで屈託がない。

「いえ」

と口ごもると、

「じゃあ、とりあえずきちんと乾くまで待ってて。ね?」

と言い、リビングのガラスのテーブルにケーキとコーヒーを並べ始めた。

「どうぞ」

とお母さんがソファで待つ。

不思議そうな顔をしている。

俺は覚悟を決め、身体を半身に蟹のように歩き、ものすごく不自然な格好でソファに座った。

強引に脚を組み、なるべく俺のヒマラヤ山脈が目立たないようにしたが、正直何の意味もなかった。

お母さんはすぐに気づき、少し驚いた顔で言葉を失ったようだった。

「すいません帰ります。あの、これはなんていうか、自分ではどうしようもなくて」

俺は情けなさと恥ずかしさで泣きそうになり、乾燥機のジーパンをとりにいこうとした。

「待って」

お母さんが俺の腕を掴み、ソファに座らせた。

そして横に座ってくれた。

「ごめんなさい・・。無神経だったかしら・・。急に彼女のことでも思い出したの・」

俺は首を振り、

「彼女はいません。」

と言った。

「じゃあ、どうしたの?」

「いえ、その・・」

「私?まさかね(笑)」

俺は黙っていた。

しばらく黙ったあと、

「俺、辞めます。申し訳ないです。でも先輩や先生には言わないでください。絶対ちゃんとした新しい人見つけてきます。」

とだけなんとか伝えた。

お母さんは驚いて、

「ダメよ、ユウダイも先生のこと凄く気に入ってるのに、それに別に恥ずかしがることないじゃない。」

と言葉を切り、

「その、若いんだから、ね?」

と言った。

俺は半分やけになって、

「お母さんが綺麗だなあ、とか思ってる時点で失格です。とりあえず帰ります。」

と言って立ち上がった。

そのころになって俺のチンチンは恥ずかしさと情けなさでの元の姿に戻っていた。

おせーんだよ・・。

「ね、待って」

とお母さんは俺を座らせた。

お母さんの手が俺の膝に置かれている。

こんな状況なのに俺のチンチンは再びグローイングアップだ。

「阿部君みたいないい子に、綺麗なんていわれたらすごく嬉しい」

とお母さんは俺の顔を見た。

バスタオルはどんどん盛り上がっていく。

これは・・・いわゆる初体験モードか?いや、ここで暴走してはいけない。

「阿部君にはすごく感謝してるの、ユウダイもK高が圏内になったし、やめるなんていわないで、ね?」

顔が近づいてくる。

「ええい、、くそ、、」

俺はお母さんに抱きつき、キスをした。

抵抗されなかった。

お母さんは俺の首に手を回した。

俺は唇をあわせたもののどうしていいかわからない。

お母さんは舌を入れてきた。

さっきた食べたカルボナーラの味がした。

俺がわけもわからず胸をまさぐっていると、お母さんは普通に手馴れた感じで俺のチンチンをそっと握った。

お母さんは唇を離すと、

「うそ、、、、そうなの?」

と言い、俺の腰に巻いてあるバスタオルを取った。

「・・・・阿部君・・・大きいんだね」

「すいません」

「いや、、そういうわけじゃないけど・・・ちょとびっくりした・・」

「だめですよね」

「えっと、だめとかじゃなくて、、、」

お母さんは俺のチンチンを軽く握り、

「だめじゃないよ、、だめじゃないけど、、」

とつぶやいた。

俺はものすごく恥ずかしかったが、チンチンはどんどん硬く大きくなっていった。

お母さんは、

「シャワー浴びてくるから、少し待っててくれる?その、、帰っちゃダメだよ、」

と言った。

夫婦の寝室で、ユキエさんはバスタオルを巻いたまま俺の体の下にいた。

「初めて?」

ときかれて、

「初めてです」

と答えると、

「責任重大ね」

と笑った。

俺はバスタオルを剥ぎ取り、白くて大きな胸にむしゃぶりついた。

何をどうしていいか判らないので、とりあえず乳首をしゃぶった。

「ユウダイには内緒に出来る?」

と聞かれたので、

「出来ます。」

と答え、俺は膝立ちになって、入り口を探した。

ユキエさんは俺のチンチンを下から握り、

「少し怖い?」

と言い、ゆっくりさすりながら、

「ちょっと待ってね」

と言った。

「ひさしぶりだし、、、こんな大きいの今まで、、」

と言いながら、ゆっくりさすり始めた。

情けないことに俺はそれで限界に達した。

「あああ、、、」

俺は情けない声をだして、いきなり暴発した。

ほとんどヘソにつきそうになってる俺のチンチンから、生まれて初めて他人の手で出されたものが勢いよくはじけ飛んだ。

一発目はユキエさんの顔を飛び越え、枕の上の時計に着弾した。

二発目はユキエさんのあごのあたりに、三発目は首に、ひくひくさせながら、残りはおへそのあたりに撒き散らされた。

俺はベッドに座り込み、再びバスタオルを巻いた。

濡らしたタオルで時計をふいているユキエさんと目もあわせられず、うつむいていた。

「とりあえず、OKかな。」

とユキエさんは時計をおき、俺の横に座った。

「すいませんすいません・・。」

俺は泣きそうだった。

ユキエさんは俺の右側に座り、

「気にしないで、ね?」

と膝に手を置いた。

「でも」とユキエさんは少し嬉しそうに笑った。

「本当に初めてなんだ、こんな大きな身体して」

と言った。

「すいません。」

と俺がしつこく謝ると、

「謝まらなくていいの。」

と言い、キスをしてきてくれた。

「これでトラウマになったりしたら大変」

と言い、ユキエさんはそのまま俺の脚の間に顔をうずめ、俺のしょぼくれたチンチンをなんと唇ではさんだ。

「はっ・・・」

俺はおもわず腰を浮かせた。

ユキエさんは俺のさきっぽを丁寧に舐め始めた。

「あ、、あ、、あ、、」

情けない声とは裏腹に、俺のチンチンは急速に復活した。

乾燥が終わった知らせのチャイムが浴室から鳴っていたが、ユキエさんはそれを無視して、俺のチンチンをゆっくり根本から先まで咥えて顔を動かしていた。

ユキエさんは仰向けになり、俺のチンチンを軽くにぎったまま誘導した。

俺はされるがまま、ぐっしょりしたユキエさんの中にすこしづつ入れていった。

俺の膨れ上がった先の部分がはいると、ユキエさんは少し顔をしかめながら、

「そのまま、ゆっくり、、」

とかすれた声で言った。

俺は言うとおりにゆっくり入れていった。

ユキエさんは俺の背中に手を回して、

「大丈夫、大丈夫、そのままゆっくり、、」

と言った。

「超気持ちいい・・。」

俺はユキエさんの顔の横に両手をつき、あとは本能のまま腰を動かした。

「フン・・フン・・」

鼻から息を出して、俺は腰を打ちつけた。

上から見下ろすユキエさんの顔は少しゆがみながら、時々、

「ゆっくり、、ゆっくり、、」

と言い、俺の背中に爪を立てた。

俺はまた限界を迎え、抜こうとしたが、ユキエさんは俺の腰を太ももで挟み込んで、

「大丈夫だから・・」

と俺にしがみついた。

俺はがまんできなくなり、そのまま中に発射した。

「ユウダイを生んだあと、あまり良くなくて、そのまま次は出来ないって」

俺がユキエさんの奥深く発射して動けなくなっていると、彼女は耳元でささやいた。

俺が黙っていると、

「阿部君重たいよ、、」

といって俺にキスをした。

俺は上半身をおこし、そのまま動き始めた。

「続けてなの?、、うそ・・」

というユキエさんを無視して、俺はもう本能にまかせてユキエさんの腰を掴んで動き続けた。

俺の括れの部分がユキエさんの入り口を通過するとき、ユキエさんは腰を浮かせて、

「あ。」

と声を上げた。

その声にますます興奮した俺はピッチを上げた。

「んが・・んあ。・・」

俺は鼻息を荒くして出し入れを繰り返した。

ユキエさんは頭の横についた俺の二の腕を掴みながらだんだん高い声を上げ始めた。

ユキエさんの声はだんだん大きくなっていった。

俺のほほを両手ではさんで、そのまま俺の髪の毛をくしゃくしゃにし始めた。

俺は我慢できなくなり、

「んぐぐ、、」

とうめいて中に発射した。

つながったまま、横向けになり、俺とユキエさんはキスをした。

「好きです」

と俺が言うと

「ありがとう、やさしいね」

とユキエさんは笑った。

「マジで好きです」

と繰り返すと、ただ笑うだけだった。

俺のチンチンはまだまだ硬いままだった。

そのまま俺は仰向けになり、ユキエさんは俺の上になって動き始めた。

俺にうめき声と、ユキエさんの時々あげる高い声が寝室に響いた。

ユキエさんの腰から下が、別に生き物のように細かく動いている。

俺は下から胸をわしづかみにして、ユキエさんの動きに任せていた。

いきなり電話が鳴った。

ユキエさんは俺とつながったまま、手を伸ばし、コードレスの子機をとり、

「もしもし」

と言った。

俺は驚いて胸を揉む動きを辞めた。

ユキエさんは俺を細めた目で見下ろしながら、

「うん、少し具合がわるいから早く寝てた。」

と話していた。

ご主人のようだった。

片手で受話器を持ちながら、ユキエさんは俺の顔をなでた。

「じゃ、おやすみなさい。」

と受話器を置くと、ユキエさんは俺の胸に両手をおいて、腰を激しく動かし始めた。

「こんなこと自分がするなんて信じられない・・」

と言うと、高い声を上げ始めた。

「阿部君が悪いんだよ、こんなのはじめてだもの、大きいの。」

と言って、身体をそらせて、俺の太ももに手をおいて小刻みに腰を動かし続けた。

俺は上半身を起こして、腰をつかんで、下から必死で突き上げた。

「あふ・・ん、、すごい、、」

ユキエさんは少し笑いながら口を半開きにして俺にしがみついた。

俺はそのままおおいかぶさり、スパートをかけ、中に出した。

俺とユキエさんは並んで寝た。

「ごめんね、ホントにひさしぶりだったから、なんか欲求不満みたいで恥ずかしい。」

とユキエさんは俺の胸をさわりながら言った。

「阿部君これからもてると思うよ、、なんか顔つき変わったもの。」

とユキエさんは言うと、そのまま寝てしまった。

次の朝、一瞬どこにいるのかわからなかった。

ユキエさんはすでにベッドにおらず、台所の方から音がしていた。

俺はもう、ユキエさんがマジで好きになっていた。

シャツを着て、タオルを巻いて台所に行くと、ユキエさんは薄く化粧をしていて、パンを焼いていた。

俺はいわれるがままシャワーをあび、すっかり乾いた服を身に着け、二人で朝ごはんを食べた。

目があうと、ユキエさんは恥ずかしそうに笑った。

「あの、、お母さん・・」

「お母さんはやめようよ。」

と言った。

「じゃ、奥さん、、それもいやらしくない?」

「じゃあユキエさん」

ユキエさんは笑って、

「名前知ってたんだ」

と笑った。

「ユウダイは夕方ごろに帰ってくるけど、阿部君は?」

と言ったので、

「俺も夕方から部活だけ出ます。」

と言った。

「じゃあ、ゆっくりしていけるね。」

と彼女は笑った。

カーテンを閉じたリビングで、俺はソファに腰を下ろして脚を開いていた。

エプロンをつけたままユキエさんはひざまついて、俺のチンチンを深く咥えてくれた。

うどんをすするような音を立てながら、舌が俺のチンチンを丁寧に舐めまわしていた。

「口でこういうことするのって久しぶり。」

と彼女は言いながら、そのくせ慣れた舌の動きを見せてくれた。

俺は

「好きです、好きです。」

とバカの一つ覚えのようにつぶやいていた。

俺はそのまま床に押し倒し、スカートをまくり下着をとって、ユキエさんの中に入った。

しばらくそのまま腰を動かしたが

「背中がいたいよ、、」

と言われたので、ソファに座らせ、中腰でユキエさんの両肩をつかんで腰を振りまくった。

外はいい天気だったが、俺はユキエさんの二重を見ながらまたまた中に出した。

そのままユキエさんを脱がせてベッドに連れ込んだ。

少し大きなお尻を後ろから掴んで、俺は突きまくった。

昼飯もたべずに、俺とユキエさんはベッドでセックスをやりまくった。

キスをした。

最後に一緒にお風呂に入り、そこでも壁に手をつかせて後ろから突きまくった。

ユキエさんの声が風呂場に反響して、俺は興奮してさらに突いた。

まだまだやりたかったが、時間が来た。

俺とユキエさんは玄関で長いキスをしたあと、別れた。