大家さん夫婦

閲覧数:909 ビュー 文字数:1309 いいね数:0 0件

ある地方都市で学生時代を過ごしました。

同じ、敷地内にアパートと大家さんの家がありました。

大家さんは、30代後半、トミタヤスコ似の奥さんでした。

娘さんが、1人いて旦那さんは単身他県勤務でした。

奥さんは、優しくて親切な人でした。

私は、その娘さんの家庭教師もしており、たまに食事ごちそうになることがありました。

同じ、敷地内にアパートと大家さんの家がありました。

私は、その年の夏実家に帰省し、勉強その他のことがあり、お盆が終わったころ戻ってきました。

その2、3日後だったとおもいます。

大家さん(旦那さん)が、お盆休みで帰ってきました。

忙しく、お盆に休みが取得できなかったそうです。

旦那さんは、40代前半で体格がよく、落ち着いた方で頭がよかった。

朝、早く起きて勉強するのが私のリズムでした。

偶然です、5時ごろ手洗いへ。

手洗いの窓は、半分開けてあります。

窓からは、大家さん宅がわりと至近距離で見えます。

旦那さんが、戻って2日後の朝でした。

生々しい喘ぎ声が時おり聞こえます。

窓を覗いたところ、大家さん宅の部屋のレースのカーテンが、4分の1ほどあいており、奥さんと旦那さんが、全裸でなさってました。

奥さんは、横向きになり後ろから旦那さんが・・・・。

奥さんは、眉間に皺を寄せシーツにしがみつき、感じているようでした。

旦那さんが、動くたびに大きなおっぱいが揺れてた。

私は、しばらく見てたが、鼻の穴は開き、胸はドキドキ。

即部屋で、しごきました^^

いけないものを、見てしまったと。

娘さんを気にして早朝になさったのかもしれません。

私は翌朝4時ぐらいに、興奮して目が覚めてしまいました。

正直、興味半分に5時頃、トイレに行きました。

大家さん宅は、窓はあいてましたがカーテンは完全に閉まってました。

流石に、今日はないかなって・・・

ところが、その時です。

ごそごそって音がしました。

その直後、ぱんぱんぱんぱん大きな音がします。

そして、あんあんあん、奥さんの喘ぎ声です。

どうやら四つんばいになってしてるようです。

そのうちに、奥さんの

「いぐう・・・」

すすり泣きの声が聞こえ、旦那さんの

「いくよ~」

と大きな声が聞こえました。

一瞬静かになりました。

射精中のようです。

その後、静かになり、ぱたっと音はしなくなりました。

その日の夕方、食品買いに外に出ようとしたところ、大家さん家族が出てきました。

よそ行きの格好で、家族で食事だそうです。

羨ましい^^

奥さんの表情が、いつもより綺麗で満足そうでした^^

翌日は、夜中から本降りの雨でした。

トイレの窓から、外を眺めました。

激しく雨が降っており、大家さん宅は、閉まっており換気のためか、多少5センチぐらいあいてた。

静かでした。