お昼間だけのリラクゼーションサロンでズコバコ

閲覧数:4,063 ビュー 文字数:2203 いいね数:0 0件

今回の「人妻とのエロ過ぎる体験談」は、西田哲平さん(27歳 男性 愛知県 工場作業員)からの投稿です。

メンズエステやリラクゼーションサロンが、仕事終わりのお楽しみ。

セクシーなこともあるし仮眠もとれるので、まさに一石二鳥なのです。

一時期通い詰めてたサロンのセラピストは、かなりの好きモノ主婦でした…。

画像(弊社入力)

名古屋に住んでる、30代の工場作業員です。

勤務は主に深夜なのでレクリエーションタイムはお昼間が中心です。

たまに早朝割で風俗を利用したりするのですが、若干ドキドキ感に欠けてしまうというか飽きてきてしまった感がありました。

そこでメンズエステや、リラクゼーションサロンなどで仕事終わりのストレスを解消することになるのです。

チョットセクシーなこともあって、夜勤明けからの仮眠もとれるので、まさに一石二鳥のお楽しみなのです。

これはいくっきゃない

中でも岡崎市方面にある、とあるリラクゼーションサロンに一時期通い詰めてました。

そこは40歳前後の主婦の方が自宅で営んでいるというサロンです。

もちろん大々的な宣伝はしておらず地元エリアの方にも多分ほぼ知られてないような、趣味の延長線上のようなサロンだと思います。

そこを知り得たのは、岡崎市内のローカルスーパーに立ち寄ったタイミングですかね。

買った物をレジ袋に詰める台のところに数枚の手作りチラシが置かれてたのを手に入れました。

女性専用とも書かれてなかったため、確認のため連絡を取ってみると

「男性の方も大歓迎です。是非一度お越しください」

声のトーンが明るく歓迎ムードです。

これはいくっきゃないってことで、次の休日に突撃することを決めたのです。

何かありそうな予感

サロンはマンションではなく一軒家です。

しかも少々古い感じの民家、看板も小さくてインターホンを押すのにはかなり勇気を要します。

個人宅の前でウロウロしてると通報されかねないのでピンポーンと押すと、セラピストらしき女性が出迎えてくれます。

見た目はとっても普通のオバサン主婦

化粧っ気が無いのが普通っぽさを際立たせているのでしょうか。

年齢に偽りはなさそうでここは良し。

スタイルはスリムでタンクトップにピチッとしたストレッチパンツです。

施術ルームは二階で急な階段を上がるのですが、その時のセラピのヒップがいい味出しててブルーのパンティラインがクッキリしてます。

何かありそうな予感がしました。

わざとらしい仕草に興奮

料金は大衆店と同じくらいで数千円レベル。

紙パンツに穿き替えてマッサージがスタートします。

旦那さん公認で始めたお店のようですが、表向きは女性専用らしいのです。

男性を受け付ける場合は完全にセラピのさじ加減が左右するよう。

私を受け入れてくれた理由は

「いい人そうだったから」

だそうです。

前半の内容は至って普通で特に色めくようなことはありません。

しかし仰向けになると、股間のモッコリがどうしても気になるのか、事あるごとにチラチラ見てます。

その頻度たるやスケベなオッサン並みとでも言いましょうか。

そして見逃さなかったのが、タオルのたわみを直す時のどさくさでチンポタッチをしてきたこと。

とってもわざとらしくて逆に興奮してしまいます。

どさくさに紛れて…

手のマッサージはセラピの太ももの上に手を置いて施されます。

私もどさくさに紛れて、中指をセラピの股間へと潜りこませようと動かしてみました。

セラピは一瞬驚いた表情になるも、マッサージの手を止めることはありません。

それよりも、少し足が開いて私の指先を迎え入れるように…。

グッグッと押し込んでた指先は容易にセラピのアソコを捉えてしまいます。

ウソのようなホントの反応。

「ッア~ン」

セラピのアソコをカリカリ、ツンツンした時の声。

これはセラピが求めてますよね。

パンツのボタンに手をかけファスナーを降ろそうとしても全く抵抗してきません。

でも

「待って」

とは言ってきます。

それは自ら脱ぐためです。

かなりの好きモノ主婦

階段のところで透けてたパンティ、実は紺色?と思うくらいアソコのところが湿ってます。

そしてガバッと押さえ込み唇を奪う。

負けじとセラピも必死で舌を絡ませてくる。

かなり発情モードです。

もちろんズコバコしましたが、挿入時にエチケットのためゴムをつけようとすると、セラピはそれを握りつぶしてポイッ

「こんなのイラナイのぉ」

白濁のドロドロをタップリお見舞いすると身をよじらせて歓喜してました。

かなりの好きモノ主婦セラピです。

このセラピ、旦那だけじゃなくお子さんも2人居るのだとか。

確かにオモチャや子供用の自転車もありましたね。

西田哲平さん、投稿ありがとうございました。
あとがき(弊社入力)