教え子の母親と

閲覧数:1,051 ビュー 文字数:1921 いいね数:0 0件

大学生の頃、マンションの小5の男の子の子の家庭教師してたんだけど。

毎週、火・土曜日。

7月の下旬の土曜の午後いったところ、父親と泊まりがけで海へいったって。

母親(奥さん)にあがって休んでくようにいわれたんだ。

奥さんは、35歳ぐらいでむっちりした優しい人でした。

その日は、白のTシャツ着ててしゃがむと谷間が見えてどきっとしたよ。

首周りが、広いTシャツだった。

ブラは白で帯の部分が広いデカブラ。

アイスコーヒーだしてくれました。

ものすごく暑い日で、そのうち

「ビール飲まない?」

って言われ、奥さんといっしょに飲むことになりました。

最初は、向かい合ってましたが私の横に座り子供のこと、それから私のことを聞きました。

ビールの酔いがまわってきたのか、気持ちよくなってきました。

奥さんもそのようです。

ズバズバ聞いてきます。

「お休みの日は、何してるの?彼女とデート?ハンサムだからもてるでしょ~」

「い、いいえ。彼女いないですよ」

「えっ、ほんと?」

「はい」

「それじゃどうしてるの?」

「な、なんですか?」

「おち○○○。たまるでしょ~」

「えっ、自分で」

「したことはあるんでしょ~」

「まだ、ないです」

しばらく沈黙が続きました。

私のあそこは、ズボンのなかで既にびんびんです。

奥さんは、身体をあずけキスをしてきました。

ずっしりと、おっぱいがあたってます。

もう我慢できません。

ズボンのなかはこちんこちんです。

しばらくし、奥さんは隣の部屋へ~

どうやら布団をしいてきたようです。

「あっちへ、いきましょ~」

「はい」

そこには、布団と枕が2つあとタオルケットが準備されてました。

「脱いで~」

「は、はい」

私はズボン・シャツを脱ぎあとパンツです。

奥さんは、向こうむきに脱ぎだしました。

スカート・Tシャツ・ブラジャー・ショーツ。。。

真っ白い見事なデカ尻です。

おっぱいは、ロケット型か釣鐘型というのでしょうか、大きく前に突き出ています。

「恥ずかしいから、あんまり見ないで~」

奥さんは、にっこり笑顔でいいました。

「パンツも脱いで~」

「えっ」

私はパンツを脱ぎ、すっぽんぽんになりました。

2人は床につきました。

奥さんの甘い香りがします。

奥さんは熱いです。

このとき、初めて女性は体温が高いことを知りました。

もう一度キスをしてきます。

「いいのよ~さわって」

「暖かい」というより、おっぱいは熱いです。

青く血管が浮出ています。

乳首は茶褐色で丈夫そうです。

「ものすごいですね、どれくらいですか?」

おもわず聞いちゃいました。

「え~・・・・94センチぐらいFカップよ」

「Fって?」

「ブラジャーのサイズは、Aからあるの~大きいほうね」

「へ~そうなんだ」

「最近若い子は、DやEも多いけど。平均は、B・Cね~」

おっぱいを撫でさせてもらったあと、顔を埋めさせてもらいました。

奥さんは頭を撫でてくれました。

もう私のあそこさきほどからびんびんで、先端から汁がでてるようです。

奥さんは、ちらっと見ました。

「大きいのね~」

先端に毛が巻きついてるのをほどき、皮を剥いてくれました。

「痛い」

「あっ、ごめんね」

ウエットテッシュを持ってきて丁寧に拭いてくれました。

「コンドーム着けるわね」

奥さんの手はひんやりしています。

私のあそこにコンドームを被せます。

さすが大人の女上手です。

根元までしっかりと。

「これで大丈夫だわ」

弓なりにいきりたってます。

「ものすごく、硬いわ~」

このあとは、奥さんに乗られて私はすぐでちゃたね。

3回目かな、私が上になったんだけどようやく落ち着いてできて、奥さんをいかせることができたんだ。

うれしかったね。

奥さん、シーツにしがみついてたよ。

最後に、後ろからお願いっていわれしたんだけど、ヒップのボリュームに圧倒されたね。

それとこのとき女は感じると股が濡れることを教わったよ。

最初、お漏らししたのかとおもったよ。