会社の家族専用棟に住む人妻(2)

閲覧数:147 ビュー 文字数:2463 いいね数:1 0件

研究室休みなので、本当に暇なんですよ。

もう一人の奧さんの内容もまとめてます。

中肉中背の奥さん。

年齢は、俺より少し上。

お礼にお昼を作るよとのお誘い。

好きなものとの事で、オムライスをリクエスト。

お昼少し前にお邪魔すると、大きめのオムライスを作って待ってくださってました。

奥さんは嬉しそうに

「いま出来たところ」

「早く入って」

と促してくれました。

「オムライスに、ケチャップで落書きしてあげるからリクエストは?」

と楽しそうな奥さん。

俺は、奥さんの好きなことばでとリクエストすると、

「○君ありがとう」

との文字。

オムライスは、やはり奥さんです。

料理が上手で、美味しくいただきました。

当日は、ロリ巨乳奥さんと同じく、旦那さんは出勤。

子どもさんは、当時は学童保育へ。

(ちなみに、ロリ巨乳奥さんは子どもさんはいません)

奥さんも、一緒に小さめのオムライスを食べながら談笑。

食べ終わり、片付けを手伝ってたらケチャップが俺のシャツとパンツについてしまったのよ。

それに気づいた奥さんが心配してくれた。

確かに、安いものじゃないから俺もちょっと焦ってた。

奥さんの家の洗濯機が最新型で、超音波の染み抜きがついてるやつで、それで取っちゃおうってなった。

バスタオルを腰に巻いて、間抜け姿の俺。

奥さんは、服の染みを何度か超音波の金具?を当てながら綺麗にしてくれた。

その奥さんの後ろ姿、特に、お尻のラインに少し興奮してしまった。

最近の洗濯機ってスゴかった。

綺麗に染みが取れたところで、このままじゃ着られないからと乾燥機にかけながらティータイムへ。

少しモジモジしてる俺に気づいた奥さんがどうしたのか尋ねてきた。

俺は、何事もないふりをしたんだけど、バスタオルの股間が盛り上がり続けてしまって、隠しきれてなかったんだ。

それに気づいたのか、奥さんは顔を赤らめながら、目線は俺の下半身をチラチラと見はじめてた

それで、余計に興奮しちゃったんだ。

俺は、ギンギンにそそりたつチンコを押さえながらトイレへ逃げ込もうとした。

でも、立ち上がると余計に目だってしまったチンコ。

もはや、隠せてなかった。

奥さんは

「若いから興奮しちゃった?」

等と取り繕ってくれた。

すごく優しい奥さん。

すると、奥さんが近づいて来てチンコを触ってきた。

「○君が嫌じゃなければ」

「人妻でもいい?」

等とチンコをまさぐってお誘いを受けた。

そのまま、奥さんの手がパンツの中へ。

いきり立ったチンコを握りながら

「熱くて大きい」

と喜んでくれた。

奥さんは、俺のボクサーブリーフを脱がせて、チンコにむしゃぶりつくと勢い良くフェラをしてくれた。

喉の奥まで飲み込むようないやらしいフェラ。

俺は、思わず奥さんの頭を掴んでピストン運動。

奥さんは、それに答えるように激しいフェラを続けてくれた。

そして、奥さんも服を脱ぎ全裸へ。

お互いの体を夢中で吸い付き舐め回した。

奥さんの感度もかなり良く、身もだえながら低音の喘ぎ声。

このときは、シャッターはせずにカーテンだけだったけど、防音は問題ないはず。

奥さんがおもむろにゴムをチンコへ装着。

奥さん、自分のポシェットからゴムを出してた。

たぶん、見た目と違って遊び人なのかも。

そのまま、奥さんは俺に馬乗りになって自らチンコをマンコへ挿入。

奥さんの膣は、緩めのマンコだったけど、いくときにはギュッギュッと締め付けてくる。

そこからは、奥さんは喘ぎまくり、自ら腰を激しく蠢かせて、

「あたる!あたる!」

「これがいい!」

等と好き放題な動いて快楽に身を委ねてた。

そして、俺が時々腰を押さえつけて奥をガンガンと責める度に、体をビクビクと反らせて

「いくっ!いくっ!」

って。

騎乗位だけで、何度もいきまくっていた。

その後の体位は、騎乗位・バック・正常位・帆掛け船・立ちバック・駅弁・対面座位・バック座位等を汗だくで楽しんだ。

奥さんは、

「これあたる!」

「だめ!またいく!」

「はじめて!こんなの!」

等と喘ぎながら何度も繰り返していきまくってくれた。

最後は、奥さんのリクエストでのバックでのガン突き。

奥さんのケツを掴んで、力一杯奥までピストンを繰り返した。

その間にも、奥さんはビクビクと体をひくつかせながら

「いっちゃってる!」

と何度も絶頂を向かえてくれた。

そして、発射直前に奥さんの1番奥へチンコを突き立てて発射。

このときも、かなりの量がゴムの中へ吐き出されてた。

その後、ピロートーク?にて聞いたら、奥さんはセフレが途切れたことないみたい。

ちょうど、前のセフレが結婚を話始めて別れたところだったと。

俺がちょうどいいタイミングで紙製品をくれたから、それを口実にしてみたかったと話をしてくれた。

中肉中背の奥さんとも、ロリ巨乳奥さんと同じく2回目もあった。

二人とも、コロナが落ち着いたらまた遊ぼうと言ってくれているが…。

二人ともと関係を持ったことが分かったら恐いかなと。

ここで、お二人の初回の体験談は終わりです。

2回目は、二人ともホテルにて関係を持ちました。

自宅ではなく、おもいっきり乱れる2人の姿によけい興奮してもりあがりました。

次回はいつになるか分かりませんが、今後も続けられればと思ってます。