お金が無くて困っている人妻妊婦

閲覧数:337 ビュー 文字数:1459 いいね数:0 0件

俺の変態性癖の話です、それは妊婦さんとセックスする事です。

俺の街では主婦売春の組織があり、生活に困っている貧困主婦が家計を助けるために旦那さんにナイショで行う援助交際です。

子供の学費や夫の借金返済など、理由は様々でしたが、困窮が理由であってそれゆえに安く買えました。

そんな貧困主婦の中の妊婦を専門に俺は買ってます。

出産費用を稼がなくてはいけないので妊婦さんたちは焦っていて、しかしお腹が目立ち始めると買い手が激減してしまうし、普通のアルバイトもできないので、ただでさえ安い相場よりもさらに安く買うことができました。

フェラのみならホームセンターやパチンコ屋で待ち合わせて、トイレでそのまま抜いてくれますが、醍醐味はやはりホテルでの本番です。

妊婦さんに挿入できる機会など風俗店ですらありません。

妊婦さんは妊娠初期から臨月まで好きな妊婦を指名出来ます。

先日買った妊婦さんの美保さん(仮名)は20代後半で美人な新妻、スタイルの良い体にアンバランスな妊婦腹が卑猥な魅力を放っていた。

ファミレスで待ち合わせてプレイ料金の確認をします。

本番は一万、妊婦で妊娠の心配がないのでゴムなし中出しOKでフェラでゴックンしたら千円追加とかを確認します。

ホテルに入り、二人でシャワーを浴びて美保さんの体を見ると妊婦独特の黒ずんだ乳首と大きく張った乳房と妊婦中期の御腹を見て俺のチンポは早くも勃起してしまった。

ベットに美保さんを横たえて、大きく黒ずんだ乳首にムシャブリつき、手は赤黒く変色し秘部をまさぐった。

美保「最近はセックスしてないの、優しくお願いね」

俺「美保さんは濡れやすいんですね、もうこんなにビショビショですよ」

と言って濡れて光る指を美保の口で持って行った。

美保「久しぶりなので感じちゃた」

と言って光る指を口で綺麗にしてくれた。

美保の濡れて赤黒く光る秘部にこじ開けるように舌を入れると、

美保「ああぁ~、だめぇ~」

すかさず両手で美保の黒ずんだ花びらを開くと、石鹸のいい匂いがする大きめのクリトリスを舌先で突いたりコロコロ舐め回したりしながら、中指を膣口に滑り込ませた。

美保「ああぁ~いい!いい!いいわ~」

美保の膣に二本目の指を入れて美保のGスポットを刺激すると、

美保「もっ!もうだめ~あなた来て~」

俺「美保の嫌らしいマンコに入れるよ」

と言って限界まで勃起した俺の物をズブリと差し入れた。

美保「ああっいい~…奥まで突いて…」

美保「あぁ~奥で動いてるぅ~」

美保「もっもうだめねっねっあなた来て~…イッチャウヨ~~」

と言って美保は絶頂を迎えて膣を強烈に収縮させて俺の肉棒を咥え込んで離さない、俺も限界で、

俺「美保さん、もうイキそうだよ、出る!出るよ~」

と言って大量の精子を美保の赤黒いマンコに注ぎ込んだ。

美保「あぁ~硬い!奥に当たる~こんなの初めて~」

と言って妊婦の大きな腹を痙攣させて果てた。

暫く放心状態だった美保がゆっくり起き上がり、

美保「凄いたくさん出たね、私の中どうだった?」

と聞いたので、

俺「凄くきつくて気持ち良かったよ」

と言ったら、

美保「出産まで少し有るから、また呼んでね」

と嬉しそうに笑っていた。

終わり

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。