41歳の主婦

閲覧数:318 ビュー 文字数:919 いいね数:0 0件

最後はご近所さんを探すサイトで知り合った41歳の主婦。

社長令嬢で、婿入り旦那と喧嘩が絶えず、毎日のように暴力を振るわれてるとのこと。

会ってみると150cmあるかないかの小柄な体にFカップの巨乳。

ご飯を食べながら、ホテルに行きたいと告げると、うつむいてガタガタ震えだし、持っていたフォークを落としてしまった。

近くのホテルの駐車場に停めて、出ようとしたら車から降りようとしない。

「ここは奥さんの家の近くだから、誰かに見られるかもしれない、とりあえず入ろう」

と言うと、諦めて降りてくれた。

部屋に入ると震えてる奥さんにキスをしたら

「入れるのは無しにしてね、旦那に悪いから」

と言うので

「わかった、その代わり触ったり舐めたりさせてね」

と言ったら頷いた。

上半身だけ服を脱がせるとFカップの胸と大きめの乳輪に無心でシャブリついた。

「パンツ脱がせるよ?」

と言うと慌てて

「自分で脱ぐから」

と布団の中で脱いで丸めた。

後でわかったのだが、帝王切開の傷を見られたくなかったのと、パンツが濡れてるのを隠したかったのだろう。

そっと触ると人妻のあそこはもうヌルヌルで、熱いくらい。

15分くらい触ったり舐めたりした後

「やっぱり入れたらダメだよね」

と聞くと

「1回だけなら」

と顔を赤くして言った。

産道が狭いから帝王切開にしたと言うあそこは入れるとかなりきつく、ヌルヌルで気持ちよかったからスグにいきそうになったが、何とか頑張って人妻をいかせた。

人妻を駅まで送った後、もう会ってくれないだろうな、と思っていたら、車で帰る途中にメールが来て

「今までこんな気持ちよくなったのは初めて。また会って欲しい」

と嬉しい言葉。

結局この人妻とは1年続いたが、

「26歳のイケメンに告白されて好きになったから」

と別れた。

むしろ向こうから別れを切り出してくれて良かったよ。

人妻はバレると裁判ざたになったりする可能性もあるからリスクが高いからね。