スポーツクラブのプールで

閲覧数:221 ビュー 文字数:3232 いいね数:0 0件

スポーツクラブによく泳ぎに行っていたんです。

昼にいくことが多く、プールは主婦だらけ。

ちょっと場違いかと思ってましたが、主婦達は意外に気さくで、すぐに仲良くなりました。

僕はみんなをお姉さんのように思ってました。

ほとんど10から15年上の女性です。

常連の女性メンバーは6人。

男は僕だけでした。

昼間から来られることもあって、常連の主婦達は皆綺麗で裕福そうな雰囲気でした。

先月のある日のこと、一人の女性が更衣室をノックしました。

「ねえ、こっちにいらっしゃいよ。」

「でも。」

女性の更衣室ということでお断りしたんですが、

「いいじゃない、ねっ。」

僕は腕を組んで引き寄せられました。

僕は水着のままタオルだけ持って、緊張気味で女性の更衣室に行ってみました。

更衣室にはその女性を入れて3人でした。

「○○君来たの?いらっしゃい」

なんて歓迎されました。

「今まで男っけなくてつまらなかったの。君が頻繁に来てから、みんな楽しいねって言ってたのよ。」

少しうれしかったです。

そのなかの一人が水着を脱ぎ始めました。

僕は、

「ちょっと何してるんですか?」

っていうと、

「着替えに決まってるじゃない。おかしな子ね。」

って笑いました。

そしたらもう一人

「私も着替えよ」

って言いました。

僕は困りました。

いくら仲良しになったと言ってもそれは。

「見てもいいのよ。」

といって最初に脱いだ女性が僕のひざにまたがりました。

裸です。

「ちょっとAさん。」

「君は弟みたいなものだからト・ク・ベ・ツ」

って言いました。

その後、

「Aさん、○○君が興奮してるよ。」

横からBさんが言いました。

僕のチンチンが水着から勃起してはみ出そうになってました。

「すごい○○君の~見せて。」

「困ります。」

「いいじゃない。」

そう言うと同時に、海パンを脱がされました。

みんなの前で脱がされて、僕はあわててかくしましたが、手をはらいのけられました。

Bさんが、

「すっごいわー。主人の1.5倍ぐらいかも。」

笑いながら言いました。

「うちの主人小さいの」

って平気で言ってました。

「水着からはみだしそうだったもんね。」

すっごい恥ずかしかったです。

「いたずらしちゃお~っと。」

そう言うとAさんが僕の前にひざまずいてペニスを咥えました。

「ずるいよAさん」

ってCさんが言いました。

Cさんは水着を脱ぎ始めました。

そして僕の顔をおっぱいにおしつけました。

「吸って。」

僕は尺八されて興奮し、つい吸っちゃいました。

「もう○○君たら積極的ね。」

Cさんが言いました。

そこは人が一人寝っころがれるぐらいの台でした。

するとBさんに押し倒され、

「○○君もーらい。」

そういってBさんが僕の上に乗ってペニスを握ると、僕のものをあそこにおさめました。

「ずるいよ」

と他の二人が言いました。

「あとですればいいじゃない。」

そう言うと腰を振り始めました。

僕は突然のことで驚きましたが、かえって彼女の中に入って僕のものが隠れて恥ずかしさがましになりました。

Bさんは手をにぎっておっぱいをさわらせました。

BさんはDカップでさわりごこちよかったです。

しかし僕はすぐに気持ちよくなりました。

おもわず

「Bさん、出ちゃう。」

「だめよ。我慢して。」

Bさんはなおも僕の上で腰を振り続けました。

僕は

「本当に出ちゃう。」

そしてついに射精してしまいました。

他の二人が、

「いいの?」

って聞きましたが、

「私ピル飲んでるから。ねっ、私ならいつでも中出しOKよ。」

そう言って体を離しました。

「ああ、大きいんだし、もうちょっとがんばってほしかったな。」

って言われました。Bさんは35歳です。

そしてAさんが

「次私~。」

そう言って乗っかりキスしてきました。

そして

「上に乗って」

と言われました。

「おっぱい吸って。」

僕は

「他の人に見られてそんなことをするのが恥ずかしい」

と言ったら、

「じゃあ、君が女子更衣室に入ってきったって言うわよ。」

って笑顔で脅されちゃいました。

僕はあきらめて言われるままおっぱいを吸いました。

「あーん、いいわ。。」

そしてしばらくして、

「ごめんね。私は飲んでないから。」

そう言うとコンドームを装着させてくれました。

そして今度は僕が上という体位で挿入しました。

2回目でかなり長持ちしました。

Bさんが

「私2番目がよかったな。」

って言うと、Aさんが

「がつがつするからよ」

って言いました。

ちなみにAさんとCさんは30歳です。

Cさんは、

「私今日はできないわ。」

「私もう1個持ってきてるから、使っていいよ。」

「ほんとう?」

Cさんはうれしそうに受け取りました。

僕はもうみんなと男と女の仲になり、どうでもいいやって開き直り、楽しもう、そう思いCさんをめいっぱい愛撫しました。

Cさんは一番胸は小さいけど一番若くてなかなか美人です。

そして今度はCさんの膣に挿入。

Cさんは

「すごいわ。こんなに大きいの初めて。ああ、いい。気持ちいい。」

声が大きいので他の二人に口をおさえられました。

また僕は3回目ですごい長持ちしたので、声を出すのを我慢するように小さめの声で、

「イク、イッちゃう」

って言いました。

僕は結局みんなとセックスしました。

「やっぱり若い子はいいわ。」

Bさんが言いました。

Aさんが、

「ねえ、このことはみんなに秘密にしない?」

って言いました。

「秘密?」

他の二人が言うと。

「みんなに教えたら、6人も相手しなくちゃいけないから私たちの楽しみが減っちゃうじゃない。」これから毎回私の家にいらっしゃい。終わったあと3人だけで楽しもうよ。いいわね。」

勝手に週1年上の主婦とエッチすることが決められました。

そしてBさんが帰りに二人きりになって言いました。

「ねえ私ならいつでもOKよ。中出しもさせてあげる。」

そういってメアドを渡されました。

君がしたくなったらメールいれなさい。

僕は中だしが気に入って、週1回はAさんのうちでみんなに弄ばれています。

そして1週間に2回ぐらいBさんにメールしてやらせてもらいにいってます。

Bさんは

「週1はみんなにも譲ってあげるけど他は私以外の女としちゃだめよ。私がいくらでもすっきりさせてあげるから。」

「本当は君のデカチンポだれにもさわらせたくないけど、私君のこと気に入ってたけど一人では勇気なくてみんなを利用しちゃった。」

僕は中だしと大きな胸が気に入って、連日Bさんに会いに行くときもあります。

思いがけない初体験。

暇を持て余した主婦達に逆レイプのような形で筆おろしされちゃいました。

そして今は年上主婦達とのエッチを楽しんでいます。