欲求不満でレスな従兄の妻とイケナイ関係に(前編)

閲覧数:67 ビュー 文字数:9913 いいね数:1 0件

姪の満里奈のところで書いた、例のオナニーをぱったりやらなくなった頃のこと。

俺は親にバラしたのか、バラす気なのかとにかく不安で、従兄の家に遊びに行ったときに、姪の満里奈の部屋をノックした。

「まり、最近どうした?」

「ん~・・・・」

気まずそうにうつむいてしまう。

「あのね、パパとママが仲悪いの・・・。最近全然口もきかない。」

泣きそうな顔で言う。

そういえば最近、なんとなく取り繕ってるような感じだったな。

「わかった。俺が何とか仲裁してみるよ。」

少し嬉しそうな顔をした満里奈を見て、俺は深追いせずに退散することにした。

俺はまず、おねえにそれとなく話を振ってみることにした。

当時、ICQだったかなぁ、定かではないけど、メッセンジャー系のソフトでお互いを登録していたので、オンしたときに聞いてみた。

「お兄と喧嘩してるの?」

「ん、何で?」

「いや、何か遊びに行っても冷え冷えとしてるんですけど・・・・(^^;」

「あれでも●ちゃん来てるから、努力して夫婦演じてるんだよw」

もう数ヶ月間こじれっぱなしらしい。

こりゃ深刻だ。

俺は遠回しに理由を聞いてみた。

「う~ん、ネットじゃちょっと・・・。今週末パパが釣りに行くから、その時家に来てくれる?」

そして週末になった。

「こんなこと話すのはなんなんだけど・・・。」

従兄の妻(仮に詩織とします)は既に少し飲んでいた。

詩織が満里奈を生んだのは二十歳の時。

それ以降、片手で数えるくらいしか、夫婦の営みがなかったそうだ。

しかも満里奈が小学校に入ってからは一度もないとか。

プライベートなことであるし、恥だとも思って周囲に相談できなかった詩織は、ほぼ諦めの境地で母親として生きることを決めた。

しかし、兄貴の方は風俗へ通っていたそうで、その決定的な証拠を目にした詩織は、何かがぷつっと切れたようだ。

20代をほとんど女として生きられなかった怒りが一挙に噴出した。

毎晩の大げんか。

兄貴の方は、風俗は浮気とは考えない人なのだが、詩織の方は風俗=浮気。

レスと浮気。

どっちか片方だけでも大問題なのに、一遍に両方。

そして従兄の

「正直お前はもう家族であって、女としては見れない。」

で事態は紛糾する。

「絶対に他の男に抱かれてやる!」

そう誓うと同時に夫を無視することにしたそうだ。

ところが相手というのが、風俗がない女の立場ではそう簡単に見つからない。

テレクラや出会い系はどんな相手が来るか怖いし、見ず知らずの人間に秘密を握られるリスクもある。

友人に知られたくないから友人の関係や男友達は無理。

秘密厳守できて後腐れなさそうな男なんていない・・・。

ここまで話している段階で、詩織は既にヒステリーを起こしかけていた。

「あたしって一緒にいても抱く気も起きないのかな?」

ぼろぼろ涙をこぼす。

「そんなことねえって。まだいけるよ。」

実際当時はまだまだ十分いけた。

少しの間があって、

「・・・・ねぇ、●ちゃんあたしのこと抱いてくれない。」

泣きながら詩織が言う。

「・・・(一瞬呆然)・・・いや、それってまずくない?」

やんわり断る俺。

それはマズすぎる。

正直言うと、詩織で抜いたことも何度かあった。

が、実際にやっちゃうとなると別問題だ。

俺なら絶対秘密は守るだろうし、秘密握って強請ることも無いだろうし、事件にもならなそうだと。

そりゃこんなこと怖くて誰にも言えないが・・・・(書いちゃったりはしてるけどな)。

「前に、セフレなら欲しいって言ってたじゃん。それでいいんだよ。」

なんとか傷つけないようにあれこれ言ったが、ヒステリーが段々ヒートアップ。

もう誰でもいい。

家庭が壊れようが、事件に巻き込まれようがしったことか、と詩織が言うに及んで、俺が折れた。

うちひしがれてる詩織を慰める、他の男に抱かれてトラブルになるなら俺が抱く、満里奈のために家庭を存続させる、それがひいては兄貴のため。

色々な理由を付けて自分のしようとしていることを正当化した。

そして、この秘密は絶対に墓場まで持って行く、バレてもシラを切り通す、その2つを約束させた。

俺は平日に有休を取って、朝から詩織と待ち合わせした。

「髪切ったんだね。」

詩織が車に乗り込んできて、開口一番俺が言ったセリフ。

メイクをばっちり決めた顔がほころぶ。

髪。

化粧。

女心を垣間見たような気がして詩織が可哀想になった。

まだまだ十分いけてるのに、どうして女として見られないんだろう?

ラブホテルの平日フリータイムを精一杯利用するため、朝10時ごろにホテルに入った。

手を繋いだまま部屋に入る。

持参したペットボトルを回し飲みして抱き合った。

ジュースを口移しで詩織に飲ませる。

全部飲ませ終わったら、次は舌を入れて口腔を舐め回す。

「んん・・・ふぅん・・・・ん、ん、うんん・・」

甘い息が鼻から漏れ始めた。

兄貴が

「俺の彼女」

と詩織を紹介したとき、正直いいなぁと思った。

母親になって地味になってはいたものの、またばっちりきめた詩織が「女」の部分を見せ初めている。

それなのに一時的には興奮するものの、ふと我に返って罪悪感に襲われる。

俺は良心をスケベ心で塗りつぶした。

胸を鷲掴みにした。

そして次第に揉み回す範囲を狭めていき、乳首とおぼしき所を摘む。

「うう、ああぁっ・・・」

もう片方の腕で背中から尻にかけて撫で回す。

詩織の身体の力が抜け、俺に身体を預けるようにもたれ掛かってきた。

「脱いで。」

お願いすると言うよりは命令に近い口調で詩織に言った。

「え?脱がせてくれないの?恥ずかしいよ・・・。」

詩織は冗談だと思っていたようだが、俺は許さない。

「自分で脱いで。」

絶句する詩織。

俺はさらに追い打ちをかけた。

「ゆっくり脱いでね。お願い・・・。」

ちゅっとキスをして詩織の目をじ~っと見ていると、観念したのかゆっくりと脱ぎ始めた。

俺は少し離れたところから、じっと詩織を見つめていた。

一枚脱いでは畳み、恥ずかしそうに俺を見る。

俺と目が合うと

「もう・・・・」

と悪戯っぽく言った。

それを繰り返し、ついにパンティとブラジャーだけになった。

「ねぇ、ここまでじゃだめ・・・?」

両腕でそっと体を隠しながら懇願するように俺を見る。

「だめだ。」

俺は容赦ない。

詩織は息を震わせながらブラのホックに手をかけた。

胸が露わになり、パンティも脱ぎ捨てた詩織は、ついに全裸になった。

両手で体を隠すが、さっきと違って下着がないのでかなり本気だ。

わざとじろじろと体中を舐め回すように視姦する。

うつむく詩織の息が微かにふるえていた。

「ねぇ、見えないから手おろしてよ。」

息の震えが激しくなる。

詩織はゆっくりと気をつけの姿勢を取った。

Cカップの胸、今日のため?手入れのされた陰毛。

やや張りを失っているけど、十分使える身体。

「おねえ、綺麗だよ」

と言うだけで、視姦はするものの、一向に手を出さない。

詩織が焦れて言った。

「いじめっ子・・・・。ねぇ、何もしてくれないの?」

俺は

「まさか。」

と詩織に手を伸ばしかけたが・・・・ここでもうひと焦らし。

「あ、携帯バイブにしなきゃ。」

と言って、くるっと背を向ける。

そして小物を入れたバッグに手を入れた。

実を言うと携帯はとっくにバイブにしてある。

MDの録音ボタンを押すのが目的だった。

これまたわざとゆっくり作業をして、回れ右をして詩織に向き直る。

抱き寄せてディープキスをした。

「●ちゃん、こういうエッチするんだ。意外・・・」

俺は何も言わずに股間に手を伸ばした。

しっかり濡れてる。

「詩織のここ、何もしてないのにぬるぬるじゃん」

10年以上の付き合いで、初めて呼び捨てにした。

「だって、焦らすか・・・あぁあ、うう、ああぁあん・・・」

言い終わらないうちに乳首に吸い付いて手マンをした。

もう片方の手で背骨をつつーっとなぞり、マムコの方は指をずぶずぶっと挿入して、中をこねくり回す。

「ぁぁ、いぃ気持ちぃ、ああ、いい気持ちいぃ、あぁいぃぃ、あああぁいいぃいい、あああぁぁ、はぁああああ・・」

トーンが段々高くなり、詩織は、乳首を舌で転がしてる俺の頭をかき抱くように抱きしめた。

二本指で膣、親指でクリトリスを責めながら、上目遣いで詩織を見ると、目に涙を浮かべている。

「泣くほど悦んじゃって。そんなに嬉しいの?」

更に指の動きを激しくして、いやらしく聞いてみた。

「う、うん、嬉しい!嬉しいぃぃ、あぁ気持ちいぃよぅ・・・ありがとう・・・」

お礼まで言われちったよ。

お礼を言いながら、詩織が俺の顔につーっとよだれを垂らした。

「あ、ごめん」

と謝る詩織。

「じゃぁシャワー浴びてくるね。」

俺はすっと素面に戻って指を引き抜いた。

そんな殺生な・・・という顔で俺を見る詩織。

こんなところでやめられちゃたまらないだろう。

「10分ぐらいで出る。」

俺はかまわずそう言うと、服を脱いで奥の浴室へ入りドアを閉めた。

実はシャワーの前にMDのスイッチを入れて、中途半端でやめたのは理由がある。

お預けを食らった詩織がこらえきれずにオナニーするのを期待したのだった。

もし詩織がじっと我慢の子で待っていたら、MDの10分近くは全く無駄になる。

この間に何があったかわかったのは勿論帰宅してからだが、都合上ここで書く。

扉が閉まって、シャワーの音が微かに響く。

ベッドのスプリングが音を立てた。

座るか寝るかしたようだ。

詩織は大きくため息をつき、そして数秒後、早くも息が荒くなり始めた。

「はぁ・・・はぁ・・・はあぁ、ふぅん、はあぁ・・・はぁ、はぁ、あぁ、あはぁあぁああ・・・・、ふう、ううぅ・・・」

ビンゴ。

家に帰ってこの部分を再生したときの興奮は未だに忘れられない。

あの詩織がオナニーしてる!

実は後ほどオナニーを強要するのだが、そっちが養殖物ならこっちは天然物だ。

最早別格。

物が違う。

「ああぁ・・・はぁ、はぁ・・・ひどいよぉ・・・・はぁ、はぁ、あはぁあぁぁ、待ってえぇぇぇ・・・・・・・」

意外と喋る。

(俺はこういう方が好き。満里奈は全くと言っていいほど喋らん。)

声が大きくなるのを嫌ってか、枕に顔を押しつけたようだ。

ここからしばらく声がくぐもる。

「んんん、ううん、んん、ううぅぅううぅぅ・・・んん、んんんん、んんんぅううん・・・・・んん・・・んんん・・・あはぁああ」

そして声が急にクリアになった。

顔を上げたか寝返りうったか。

「んん、ふぅ、ふぅ、はぁ、はぁ、はぁぁはぁあ、あふぅ・・・ううぅうっぅううぅうぅう」

喘ぎ声が段々激しくなって、昇り詰めるようなうめき声が聞こえた。

「あぁああぁあぁあぁん・・・ふううぅぅううぅぅうぅうん・・・うぅぅうううぅぅん・・・・はあぁぁん、ふうぅぅ、ふぅ、ふぅ・・・」

こりゃイったなとすぐにわかる、絞り出すような艶めかしい嬌声が響き、そして段々と収束していった。

少しして荒い息が収まると、ティッシュを取り出す音がした。

後始末に入ったらしい。それにしてもエロかった。

10年以上も姉貴的存在だった詩織の、生々しいオナニーシーン。

この部分には何回世話になったかわからない。

俺はそのころ、シャワーを浴びて時間つぶしに身体を丁寧に洗っていた。

いい加減することがなく、時計を見ると予定の10分よりも少し早い7分。

もう待ちきれず、扉を開けて詩織を呼んだ。

MDで俺が詩織を呼んでいるのは、詩織がオナニーを終えて2分近く経った頃だった。

オナニーは正味5分か。

「待ってぇ。今行く。」

何食わぬ顔して入ってくる詩織。

俺は詩織を抱き寄せてキスをした。

「え?一緒に入るの?・・・・ええ、それは・・・」

何を今更。俺は両手にボディソープを塗り、手で詩織の身体を洗って、詩織には俺のチンコを洗わせた。

お湯で流して、有無を言わさず詩織の口にくっつける。

「うわ、先っちょ大きいねぇ・・・」

詩織はびっくりしたような顔をして、あーんと口を開け亀頭を頬張った。

ぬるぬるっていう感覚と共に、チンコが詩織の口の中に吸い込まれる。

詩織の鼻息と、わざと立てているとしか思えない、じゅるじゅると吸い上げる音が浴室に響く。

うまい。

娘に伝授してやって欲しいくらいうまかった。

ちろちろ舐め回したと思ったら、亀頭に軽く歯を立ててコリコリ。

そしてまた微かに首を振りながら舌でねっとり、じゅるじゅる・・・と、こんな技術を数年間も使わずに眠らせておいたなんて勿体ないお化けが出そう。

兄貴に使っていたのか、いつか使う日が来ると思ってイメージトレーニングしていたのかは知る由もないが。

今度は俺が詩織のマンコを洗ってやる。

壁に押しつけて割れ目を開き、シャワーを当てた。

「あ、あ、あ、あぁあぁああぁぁぁ」

身体を折り曲げて反応するが、構わず栗を剥いて、栗にも直接お湯を当てる。

「あっあっ、ストップストップ!」

俺はシャワーを他へ向けた。

「ストップ?じゃぁ何もしないよ?w」

「・・・だめ。」

俺はわざと音を立ててクンニをした。

詩織が俺の頭を抱くというよりは手で固定して、マンコを押しつけてくる。

「窒息しちまうよw・・・もうあがる?」

正直、無理な姿勢で少し疲れてた。

風呂から上がって、詩織をベッドに横たえ、俺はバッグからピンポン球を取り出した。

コンビニのビニールに入れ、雑菌を防ぐためにコンドームをかぶせる。

てるてる坊主を想像してもらうといい。

「はい、足開いて」

「え?」

足を開かせてピンポン球の部分でマンコを撫でる。

徐々に力を入れて少しずつ埋め込む。

「え?そんなの入れるの?」

「そう。」

「やだぁ、怖い・・あふっ・・」

球がずぼっと入った。

そのまま指でぐいぐいと奥まで押し込む。

「あ、あぁ、あああああぁぁ・・・・どうしてぇ?・・」

「ん?何?どうしたの?」

優しく聞く。

「何でこんなのが・・・・気持ちいいのぉ・・・・ぁあああん」

勝った、と思った俺は指を輪を描くように動かして、ピンポン球をぐりぐりさせた。

「あぁ~、何か当たる。何かに当たる・・・・」

「当たるとどう?気持ちいい?」

俺は指で押し込んでは、ビニールを持って引っ張り出す動作を繰り返した。

「すごい気持ちいい・・・どうしよう・・・ああぁ・・・変になる・・・ううぅ・・・ああぁ、あぁ、あぁ、ああぁぁ」

気持ちいいレベルがかなり上昇してきているようだ。

「鳴いて。」

「えぇ?」

意味がわからず聞き返す詩織。

「もっといい声で鳴いて。」

「はぁあああぁぁあぁ・・・あぁ、はあぁ」

リクエストに応えてくれたのか、鼻にかかった艶めかしい声で喘ぐ。

そろそろ焦らすこっちも限界。ピンポン球を引き抜くとチンコを割れ目にあてがった。

「入れるよ。入れていい?」

「来てぇ・・・」

「聞こえないw」

「きぃてぇ・・・」

「何を聞いてほしいの?w詩織がよがってる声?w」

「ああん、もう・・・ひゃあっ!」

不意打ちでずぶっと入れた。

十分に濡れていたので、ぬるぬるっと奥まで吸い込まれていく。

実を言うと最初は生で入れてしまった。

<ああ、詩織のマンコだ・・・>

暖かくてぷりぷりした粘膜に包まれる。

恋心を抱いていた訳じゃないが、姉貴分として慕っていた詩織のマンコ。

正直言うと何度か脳内で陵辱したこともある詩織のマンコ。

それがいま現実に俺の物を迎え入れ、詩織が喘ぎ声を上げている。

さて、どうしてくれよう・・・。

「あっあっあっ・・・ああぁあぁ・・・い、いいいぃ」

ピストン運動に従って詩織が感じ始める。

「そんなにいい?」

「いぃ、いい・・・ああぁっ・・・・」

1分もすると、マンコからはぬちゃぬちゃと音がし始めていた。

「詩織のあそこ、すごい音たててる」

耳元で囁くように言う。

詩織が恥ずかしがる。

「知らない。聞こえない。あ、ああぁん・・・ふん・・・」

いやいやをするように強がる詩織。

「何?聞こえないの?・・・・・ほら・・・・ほら・・・・ほら。聞こえるでしょ?どんな気持ち?」

わざと音を立ててピストン運動をする。

ぐっちゃぐっちゃぐっちゃ・・・。

「いいっ、いぃ、いいっ、あぁああぁ・・・」

「どんな風にいいのか教えて。」

詩織は答える余裕もないのか、ただただ快楽を貪っている。

「自分さえ気持ちよくなればいいの?やめちゃうよ?」

少しピストンを浅く、遅くする。

「・・・わかんない、もうわかんない!・・・わかんないけど・・・」

「わかんないけど何?」

「い、いいいぃぃぃ・・・」

とりあえず詩織の回答に満足した俺は、抜いてゴムをかぶせ、強弱や深浅の差をいろいろつけて、しばらくの間詩織のマンコを慰みものにした。

「わからなくなってきた・・・・」

「何が?」

「い、いい気持ちでぇ・・・はああぁああん」

「さっきわかんないつって答えなかったじゃん。さては嘘をついたな。」

俺は最深最強最速で突きまくる。

「あ、あっ、ああぁ、あああっ・・・はあっ、あああぁぁぁっっっっっっ!」

詩織は髪を振り乱して喘いだ。

「もうだめ、壊れちゃうってば・・・・そんなに・・・」

「そんなに?」

ペースを緩める。

「そんなに・・・うぅ、ああぁああぁぁ」

「そんなに?・・・言ってくれなきゃやめちゃう。」

「そ、そこばっかり攻撃しちゃだめ・・・。」

ダメと言われれば尚更・・・俺は同じ所を集中的に突いた。

「壊れちゃうのもおぉぉ・・・そんなしたら壊れるっっ」

萌えた俺は角度を付けて、膣内を擦り上げた。

「あぁ、あああぁ、そこ、そこ、あああっっっっっっっっっっ」

しばらく呼吸が止まった。

「はうっっ、はぁ、はぁ、ふぅ・・・・」

どうやらイったらしい。

詩織はイきやすく、この日数回イった。

「はあぁ・・本物で逝ったの久しぶり・・・」

うっすら微笑む詩織。

「本物・・・?」

「本物って、普段は偽物使ってるの?へ~w」

勿論この時はシャワー中にオナニーしていたのは知らないんだけど、状況が状況なので自己処理しているだろうとは推測していた。

「何使ってるの?ねぇ。」

やってもうたって顔をしている詩織に意地悪く聞く。

「知らない!」

そっぽを向く詩織。

俺は肩を掴んで強引に向き直させる。

「教えて。」

「言えないぃ~。」

それ、もう言ったも同然だから。

「じゃぁ言わなくていいから、代わりにオナニーしてるところ見せて。」

「え~~~?」

「詩織のオナニー見たいんだよぅ。俺のお願いは聞いてくれないの?」

「う~~・・・」

「あとで見せてね。ね?」

拝み倒す形でなんとか納得させた。

「●ちゃんが裏じゃこんなだなんて、絶対みんな思ってないだろうなぁ・・・。」

「こんなんで何かご不満でも?」

詩織を少し乱暴に四つん這いにさせてバックから責めた。

バックでも一回イった。

芝居してるのかと思うくらいよくイク。

次ぎに松葉崩し?詩織を横向きにして片足を持ち上げて、跨るように挿入した。

これも効いた。

これまでより明らかに感じている。

俺はふくらはぎを舐めたり噛んだりしながら突いた。

段々詩織の感じ方が激しくなって、声が大きくなる。。

「そ、そんなぁ・・・あぁ、あはぁん。」

「ん?何?」

「そんな・・・お、おなじとこばかり刺激されたら・・ああぁ・・・おかしくなる・・お、おか、あああぁああ」

ほとんど半狂乱で喘ぐ。

何かまたイキそうな雰囲気。

「いくときはちゃんと『イク』って言うんだよ。いいね。」

詩織はうなずきながら喘ぐ。

「あっあっっあっ・・・ああぁ。」

そろそろだな。

俺はペースを緩めた。

「あっ・・・あぁ、はぁはぁ」

緩めた瞬間切なそうな顔をする。

俺はまたペースを上げ、いいところで緩めた。

「焦らしてるぅ、焦らしちゃいやぁ・・・」

詩織が焦れる。

またペースを上げた。

今度は少し長めに。

「あぁ、ああぁ、イク、イっちゃうぅ。」

またペースを緩める。

「ああ、ひどい・・・イきたい、お願い、いかせてぇ・・・」

「いいよ、いかせてあげる。」

ペースを上げる。

「あ、あ、ああぁぁあぁあぁああっっっ」

程なく詩織は逝き、俺も我慢していたものをぶちまけた。

男は放出してしまうと素に戻る。

「やっちゃったよ・・・」

という罪悪感に襲われた。

「おねぇ、あまり長期間は無理かも。」

あまり長期間続けると、気持ちが入ってしまいそうだった。

当初は、どうせ昔からレスだったなら、若い頃の詩織を抱きたかったなぁなどと思ったが、今になるとこれでよかったのかもしれない。

「だよね・・・。ごめんね、無理言って。実はあたしも難しいなと思い始めたとこ。」

俺の頭を撫でながら言う。

素に戻るとやっぱり俺は弟分だ。

「いや、無理じゃないし、実際楽しいんだけど、なんつーか、ハマりそうでやばい。」

「私も踏ん切り付けるから、あとちょっとだけ付き合って。」

「踏ん切りってまさか・・・・」

「離婚じゃないよ、大丈夫。どうもありがと。」

時間は昼を回っていた。

「飯にしようか。で、終わったらさっきの約束、一人エッチ見せてね。」

「もう~、ほんとにやばいと思ってるの?」

詩織は呆れて笑った。

「それじゃぁ、早速で悪いけど・・・」

詩織の足を開かせて、詩織の手をマンコに導く。

(後編へ続く)

人妻とのすけべ体験談投稿募集中

当サイトでは皆さまからのリアルな人妻とのすけべ体験談を募集しています。人妻との不倫、浮気、いけない関係などなど、誰かに話したいエッチな体験談をお寄せ下さい!
投稿する