叔母とHな関係に

閲覧数:134 ビュー 文字数:8523 いいね数:1 0件

自分が熟女好きだなんて思わなかった。

きっかけは叔母がウォーキングを始めた事だった。

東京の大学に決まり、叔父の近くで独り暮らしを始めた。

当時、子供の頃から接している叔母には、当たり前だが女を意識することも無かった。

ある日、叔父の家の夕食に誘われ晩酌に付き合っている内に、夜は流行りのウォーキングをしていることを話した。

すると、叔母も一緒に歩きたいと言い出し、行くときはメールするようになった。

半年間は何事もなく、歩くことに一生懸命だった。

気づいたら、

「今日いくよ」

というメールは、

「今日はエッチしようよ」

という背徳な意味に変わっていた。

半年も一緒に歩きながら日常的な会話をしていたからか、知らず知らず親友のようになっていた。

ウォーキングは叔母の準備や家事が済んでからとなるので、俺のアパートにピンポンしに来ることが慣習であった。

歩くルート上も都合がよい。

メールを出した後に渋滞でバスが遅ることもあり、また、叔母だからということもあり部屋の合鍵を渡していた。

ある日、借りてきたエロDVDが見つかり、

「やらしい」

とか

「最低」

とか罵っていたが、

「見たい!見たい!」

とせがむので、何気なく見せた。

その日は、すぐに観るのをやめてしまい、ウォーキングに出発した。

歩きながらの会話は、普通の愚痴話だった。

翌日の歩きの会話は、意外に一方的な質問を受ける形となった。

どこで借り、どのくらいのペースで借りるのか?料金、期間は?どんなジャンルがあり、好みはなにか?などなど、答えるのが恥ずかしかった。

その翌週の歩きの日には、玄関の洗濯機の上へ不意に置いたレンタルビデオ屋の袋を見つけられ、歩いた後に観ると言い出した。

その日はいつもの大きな公園は歩かず、早々とアパートへ帰ってきた。

歩いている最中は、妙に叔母のテンションが高かった。

エアコンを付け、DVDをスタートし、リモコンの操作を教え、麦茶も出した。

俺は夏のベタ汗が嫌だったこともあり、シャワーを浴びることにした。

バスルームから出ても、まじまじとまだ観ていた。

「どうよ?」

と聞くと、叔母は顔をピンク色にして

「ホントにこんなことするの?」

「週刊紙では見たことあるけど…」

と口走りながら、また夢中でテレビに目をやった。

しょうがなく俺も隣に座り、一緒に見始めた。

「うえぇ…」

「いやらしい…」

などと呟いている叔母に、

「叔母さんも好きだねぇ」

と言ったら、

「あなたと一緒にしないで!」

と平手で一発、背中を叩かれた。

そして、一緒に笑い合った。

DVDを観ながら冗談で

「うはっ、これはたまらん!」

と言ってやり、いろいろと二人でああだのこうだのと談笑していた。

いつもの帰る時間になり、俺が

「好きなときに見に来れば?」

と言ってあげたら、

「近所だから誰かに見られ、誤解されると困る…」

と意外な答えが帰ってきた。

「それはないっしょ!」

と言い掛けたが、睨んだ顔がなんだか色っぽく見え、初めてみる表情だったせいもあり、ツッコミを入れられないでいた。

更に玄関で

「部屋に出入りしている事は誰にも言わないでよね」

と小声で言い、帰って行った。

この時、心に妙な気持ちが芽生え、それが背徳心であることが解るまで時間はかからなかった。

その後もこんなウォーキング後の楽しいエロDVD鑑賞会を数回繰り返していた。

両親がお盆の墓参りのため、上京したことが契機となり、ふしだらな関係へ発展していった。

墓は東京近郊にあり、子供の頃から盆暮れは叔父の家に泊まりに来ていた。

今回もその慣習に則り、両親が叔父の家に泊まりに来た。

親父と叔父の兄弟漫才のような馬鹿話は毎年同じ内容で、それを聞きながらの夕食になる。

母は昔から人前で息子の俺を貶すクセがあり、また、大学生活も慣れ、独り暮らしが楽しくて実家に帰ることを怠っていたためか、夕食会の初めから激しく馬鹿にしてきた。

叔母に救いを求めるように会話をすると叔母までも一緒になって、俺を陥れる有り様だった。

一番腹がたった会話は、母が俺の部屋が実家の部屋と同様でゴミ屋敷になっているのではないかと疑う。

俺は

「綺麗にしてるよね?」

と叔母に同意を求めた。

叔母は

「玄関から見た感じは汚そうだけどぉ。」

とホントに汚そうな顔で母の話に乗ったことだった。

母はその内容に大ウケだった。

完全な孤立感とお腹も一杯になったので、

「もう帰る!」

と言い放ち、叔父の家を出た。

部屋へ戻り、一時間ぐらいだろうか、テレビを見ているとピンポンが鳴り、玄関の鍵が開いた。

いつものウォーキング用ウェアを着た叔母が入ってきて、申し訳なさそうに

「ごめんね!」

と繰し謝った。

「すんげぇムカついた。この部屋の何処が汚いんだよ!まぁ綺麗ではないけどさぁ、親友に裏切られた気分だ!」

とふてくされ、ベットへ寝転んだ。

叔母は

「だって、義姉さんに私がここに来ているのがバレちゃうじゃん」

と言いながらベットに腰をおろした。

俺は

「ここでエロDVDを観ていることも言えばよかったよ」

と言うと

「それだけは絶対に言わない約束でしょ!」

と声を張り上げ、俺の首を絞めて来た。

叔母の絞めている両手首を掴み、力で払い退けながら

「わっ分かったから、大声を出すな。隣に聞こえる。」

と言いながら体勢を起こそうとした。

同時に叔母の体勢も崩れ、俺に覆い被さる格好になった。

来客のせいだろうか、化粧水の香りが鼻を突き抜けた。

その瞬間、腕を叔母の首に回し、押さえ込みながら口づけをしていた。

叔母は驚いて

「うぅ…」

と唸りながら目を丸くしていた。

舌を入れたが完全に歯を閉じ、抵抗にあい、どうしても入らない。

首を左右に振り、ちょっとでも口づけの状態を回避しようとしていた。

全身で抵抗し

「いやぁー」

とか

「お願いだから止めて」

「ダメ、ダメだってばぁ」

と声を出す。

その度に

「隣に聞こえるだろ!静かにしろ!」

と説き伏せながら口づけを試み、その度に激しい抵抗を喰らっていた。

しばらく、それを繰り返していたが体力の差から叔母は息が上がりはじめた。

俺も冷静になり、片腕で叔母の首をガッチリとロックしながら右手で顎を掴み叔母の口を貪った。

叔母の呼吸は乱れきり、口を離すとからだ全体で息継ぎをして、口づけを開始すると、喉から

「うーん」

と声を出すとような抵抗だけになった。

俺は右手で叔母の上着のチャックを下ろし、シャツの上からおっぱいを触ろうとしたがブラをしていたのでシャツとブラを一緒にたくしあげた。

シャツは汗でビッショリだが、Dカップルのおっぱいと勃起した乳首が露になった。

おっぱいを揉みしだく俺の手を追うように叔母の手も掴み抵抗はするが、既に力は残っていなく、添えているだけで俺の好きなようにおっぱいを犯させた。

おっぱいにも飽きた頃、明日の墓参りを思いだし、俺も流石にまずいなと考えていた。

叔母が

「今日はもう許して」

と咽び泣きながら言うので、

「あぁ」

と返事しながら腕をほどいた。

「これどうしよう?」

とぐったりしている叔母の手をとり、自分の勃起を触らせたが、触ることを完全に拒否られた。

叔母はフラフラしながら玄関まで歩いていった。

肩を支えながら

「大丈夫?」

と様子を伺うと、

「もうバカなんだからぁどうすんのよぉ」

と言い、玄関横のユニットバスの鏡を使い、髪と身なりを整え帰っていった。

返す言葉もなく

「ごめん」

とだけ言い、叔母を見送った。

翌日、家族と叔父家族はそれぞれの車で墓参りへ出発したため、叔母と顔を会わせたのはお墓だった。

車の中では、昨夜の事でどんな顔で会えばよいのか考えていたが、意外にも、激しい抵抗のせいで疲れているようだが、俺の話にツッコミを入れる、いつもの叔母であった。

安心した俺も、いつものように冗談が言え、親戚の前では普通に振る舞えた。

そんなこんなで墓参りが無事に終わり、両親たちは墓からそのまま実家へ帰って行った。

その日は、疲れているだろうからとウォーキングは誘わず、俺も叔母との情事に対する罪悪感や背徳感をおかずにその夜はオナニーを繰り返した。

2週間はお互いに連絡をとらなかった。

肌の感触、裸体の記憶も薄れてきたので、久々に誘ってみたら了解メールが帰ってきた。

返信メールだけで反射的に俺は勃起状態になった。

駅から鞄で勃起を隠しながら早足で帰った。

日が沈み、家事が終わった叔母から家を出たというメールが入った。

こちらは既に帰宅後3、4回は出し終わっていたのに胸の高鳴りは押さえることができず、何故か早めに準備を整え、アパートの下で叔母が来るのを待っていた。

叔母が到着、お久しぶり的な挨拶と共に歩き出した。

お互い、2週間もウォーキングをしなかったとこには触れず、談笑をしていた。

しかしながら、しばらく叔母と一緒にいると下半身はさすがに制御できず、半立ちになり、歩きと会話に集中できないでいた。

無意識のまま、いつもは曲がらない道を通りアパートへ戻る道を歩いていた。

「あれ?もう帰るの?」

という叔母に対し、叔母の肩に手をまわしながら

「あぁ、うん。DVDをいっぱい借りてきちゃったんだ…」

と呟き手に力をちょっと入れた。

叔母は恥ずかしいのか困ったような表情で道路を見つめながら、小さな声で

「そう…たくさん借りてきちゃったんだ…誰かに見られたら、誤解されるから…」

と言いながら、肩の手を退けた。

再び、部屋で叔母の体を再び触れられるという期待が膨らみ、アパートへの帰路が遠く感じ、心臓は高鳴った。

表情は、お互い談笑を演じているのだが、叔母もこの展開で部屋に入ればどうなるかを予想できる筈なのだ。

世間を欺くというこの瞬間が、背徳感の絶頂であると思う。

いま思えば、これが今も続く背徳の極みを求め会う二人の始まりだった。

部屋に入り、いつものように麦茶をテーブルの上に置き、DVDをスタートさせた。

なんとなくぎこちなかった。

俺はシャワーを浴びるためにユニットバスで脱ぎ始めた。

ブリーフは我慢汁で染みを作っていた。

不思議なことにシャワーを浴びると身体中が冷静になった。

俺はベッドを背もたれにしてテーブルとベッドの間に座り、DVDを観ている叔母の背後に回り、叔母を両足の間に挟む格好でベッドに腰かけた。

叔母へ

「どうよ?どうよ?」

と茶化して聞いてみる。

答えは案の定というか期待通り

「叔母と甥じゃない。これっ!」

と返ってきた。

「正解!エロいっしょ!」

と笑いながら肩を揉み始めた。

叔母はこんなDVDもあるのかと尋ねながら、テレビと俺の顔を交互に観ていた。

「たくさんあるよ…このジャンルをいっぱい借りてきたんだよ」

と言い、肩を揉んでいた左手を首横からウェアの下に滑り込ませ、おっぱいをまさぐり始めた。

右手はウェアのチャックを下ろしていた。

叔母が俺の腕を掴みながら

「ねぇっ、止めてよ!」

と制止を試みている。

言うことを聞かずに

「今日はブラしてないんだね」

と言うと、意外にも両腕を押さえる力はすぐに弱いものとなっていった。

俺も安心しておっぱいを自由に揉みしだき続けた。

「叔母さん、エロいおっぱいだね」

と言いながら両方の乳首を同時に指で弾くと体がビクッと軽く反応する。

時折、叔母は忘れていたかのように

「だめ」

とか

「いや」

とかお決まりの台詞を口走っていた。

だが、神経は完全に俺の手と指に支配されているような感じだった。

俺も

「あれぇ?DVDと同じこと言ってるね!」

と言い、叔母を持ち上げるように立つよう促した。

正面から見下ろすように叔母を見ると、どう脱がしたか覚えていないが、Tシャツ姿になっていた。

Tシャツに両方の乳首がツンと浮かび上がっていて、一層、欲情が増していた。

叔母も恥ずかしいだろうと思い、部屋の灯りを落とした。

しかし、予想外に叔母の抵抗が激しくなってしまった。

たぶん、このまま犯されると思ったのだろう。

「それだけは駄目!お願い!」

と叫び懇願した。

叔母を力一杯に抱きしめ、

「わかってるよ、キスするだけだ…心配しないで」

耳元で言った。

「ほんとね…」

と叔母が言うと同時に、俺は叔母の口を貪りながら頷いた。

安心した叔母の力が抜け始めたので、ベッドへ抱き合いながら倒れていった。

俺がおっぱいを舐めながら

「こんなこと人に言えないよ」

と言い、すかさず、口づけをすれば、

「絶対よ、絶対によ!」

と言い、叔母は今までにない情熱的な舌を俺の舌へ絡ませてきた。

鼻息も官能的な音色へと変わっていった。

俺は手を、叔母の上半身にいやらしく、かつ、優しく、はいまわした。

俺の手に反応する叔母が可愛く、人肌の感触、硬い乳首の感触に陶酔していった。

叔母も俺の背中や腕を擦り、愛撫に情熱的に答えてくれ、俺の乳首を吸いながら刺激を与えてくれた。

パンツを脱ぎ自分のモノを出せば、叔母は目をキラキラさせ、俺を見つめながら、恐る恐るゆっくりと手でシゴキ始めた。

叔母は

「もうここまでよ!」

と笑顔でシゴキに変化を加えながら胸元で言った。

だが、あまりの快楽に俺は我慢ができず、叔母のパンティーの中に右手を入れた。

途端に、慌てた叔母は必死となり、両手による阻止と体勢を横にしながらの回避運動が始まり、

「駄目ぇ~!約束と違うぅ!」

と叫び始めた。

まだ、右手は叔母の硬い陰毛の中で止まり、叔母の足で先に進めず困っていた。

俺も叔母に

「触るだけだから!」

とか

「入れないから!」

とか、おかしな諭しでなんとか切り抜けようと必死だった。

ふと、冷静に指先の感覚を確かめると指先のパンティーの生地が濡れていることに気付いた。

叔母に

「叔母さんも濡れてるじゃん」

というと、

「あなたがいやらしいことするからでしょ!」

と抵抗を一時的に動きを止めた。

「ねぇ触らせてくれよ、叔母さん頼む~。」

「あと30分で帰る時間だから…お願いします!」

と言いながら、俺の方に向いているお尻の方からウェアとパンティーを同時に下ろしていったが、叔母の手は最後の制覇を拒んでいた。

叔母に優しく

「さっきのように舌を食べさせてくれ」

とか

「俺にも最後まで行く度胸はないよ」

とか、また諭しが始まった。

叔母も同じ手には乗らないと思ったのか、間が大分たってから、口を開いた。

「ホントに信じて良いのね?」

「絶対に秘密にできるの?」

と俺を見つめながら聞いてきた。

俺も手を緩め、

「あぁ、絶対だ。この部屋の中だけでしょ?二人の関係は…」

「外では、この間の墓参りのように叔母と甥だしな。」

「あの時だって、俺らうまく何事もないよう振る舞えてたじゃん」

と立て続けに返した。

そして、再び、パンティーを脱がし始めた。

叔母のパンティーを握り締めた手が離れた。

俺はとっさに叔母の片足を俺の両足で固定することで自由に叔母のアソコを触れる空間を確保した。

手を叔母のアソコへ侵入したと同時に、叔母は俺に抱きつき舌を先程よりも情熱的に絡ませ、俺のモノをシゴいた。

驚いたことに、今までに聞いたことのないエロい吐息とともに、俺の首や乳首に舌を這わせ、若い女ではあり得ない愛撫が始まった。

「お願い、早くイッてぇ」

っと、俺のモノも力一杯に握りしめ、強弱をつけながらシゴいた。

俺の手は、叔母の割れ目に沿い、叔母のラブジュースをクリトリスに塗るように撫で上げていった。

その手のリズムに合わせるように叔母は腰をくねらせ、思い出したように俺のモノもシゴいた。

たまらず、イキそうになるのを押さえるためにおっぱいを舐める体勢を変更し叔母の手からモノを離し快感の休息を入れる始末だった。

指をクリトリスの愛撫から叔母の穴へ移し、出し入れを始めた時だった。

吐息を荒げ、叔母の両手が俺の頭をガッチリ掴んだ。

「もう駄目ぇ!なにこれ!ヤバいヤバい!出ちゃう…」

と叫びながら、手の平に

「ジョッ」

と暖かい液体が飛び散った。

俺もびっくりしてその手を見たら粘液状の潮が手の平一面につき垂れていた。

叔母は反射的に体を起こし、俺の手と液体をタオルケットで覆い被せ、また、横になり体を痙攣させた。

俺は叔母さんに

「すげぇ~よ、叔母さん、潮吹いてイッたんだぁ」

と歓喜を露にしたが、叔母はクッションで顔を隠しながら

「ごめん…なにこれ?こんなの初めてよ」

と謝っていた。

俺の手が叔母の乳首、腰を移動する度に叔母はビクンを跳ねていた。

俺はここぞとばかりに両腿を持ち上げるように広げ、叔母のアソコを舐め始めた。

叔母は俺の頭を両腿で挟みながら

「ね!ね!洗ってないのよぉ。汚いから!」

と抵抗した。

俺はそんなことはお構いなしに、叔母の開いたアソコを口いっぱいに頬張るように吸い付き、クリトリスを舌で転がし、時には、舌を尖らせ穴へピストン運動を加えた。

叔母はクッションで防音効果を高めながら、大きなあえぎ声を放ち、自分で腰を動かし、快感の絶頂点を自ら合わせていた。

しばらく、口と指先を使い、クリと穴を交互に責めていると、また、俺の頭をガッチリ掴み、叔母は絶頂に達し、

「うひぃ~」

と叫びながら俺の口の中に潮を吹いた。

「ははは、また、イッちゃたの?今のは超エロかったよ。」

と叔母を笑った。

征服感というものだろうか、ぐったりしている叔母のアソコに俺のモノを擦り付けながら、

「やっぱ、入れてちゃおうか?」

と聞いたが返事がない。

我慢できず、本能的にモノをぶちこんで激しく腰を振った。

振る度に

「メチャッメチャッ…」

と叔母の粘液がモノにまとわりついき、卑猥な音を出す。

快楽感が半端ない。

言葉は聞き取れないが、うねるような叫びとともに叔母の両足も俺の腰をロックしていた。

感情も高ぶり、腰を振りながら叔母の名前を連呼した。

「イヤあぁ…お願いだから、名前で呼ばないで!」

と微かに訴えながら、俺の感情を諭すように舌を貪ってきていた。

俺も応戦し叔母の歯茎などあらゆる口の中の部分を舐め返し、唾液を貪り、その唾液を叔母へ送り込んだ。

俺がそろそろイキそうだと伝えると

「イッて、ね、イッてぇ~」

と懇願しながら、叔母は3回目の絶頂を迎えた.

同時に、俺も唸りながら外に発射した。

びっくりするぐらいな飛距離が出て、精子がカーテンに当たった程だった。