幼馴染を寝取り

閲覧数:36 ビュー 文字数:5908 いいね数:0 0件

幼馴染をNTRした。

俺と明子が出逢ったのは今から2年ほど前の秋のことだった。

当時俺は1か月ほど前に入社したばかりの小さな会社の事務をしていた。

新しい部署を立ち上げ、その責任者として仕事をしていたときに1本の電話がかかってきた。

ちょうど現場のパートを募集していたのだが、それに応募してきたのが明子だった。

数日後、明子は面接に訪れた。

履歴書を見ると俺と全く同じ誕生日で驚いた。

2週間後、現場には明子の姿があった。

明子は俺の顔を見つけると屈託のない笑顔で

「おはようございます」

とあいさつをしてきた。

優しそうな雰囲気と明るいあいさつ、良さそうな女性が入ってきたな・・・と思った。

ある時、明子とちょっとした雑談をする機会があり、その時に俺は明子と全く同じ誕生日であることを告げると明子は目を丸くして驚いていた。

それから1か月ほどが過ぎたある日のこと、明子は俺を見つけ、素早く物陰に俺を呼び寄せた。

「ちょっと色々聞きたいことがあるんだけど、会社じゃちょっと・・・だから・・・」

素早く連絡先を交換し、その週の土曜日に会うことにした。

同僚に見つかると面倒なので、会社から離れたお気に入りの隠れ家カフェに連れて行った。

カフェまでの道すがら、色々な話をしているうちに、俺と明子が幼稚園と小学校低学年まで一緒に過ごしていたことがわかって更に二人を驚かせた。

明子の旧姓を尋ねると、言われてみればそんな娘がいたなぁ…と言う程度には覚えていた。

尋ねられたのは会社の内情(人間関係的)のことで、その他にも色々な思い出話をしてその日は別れた。

お互いに何となく波長が合うと感じていたようで、徐々にメールで連絡をする回数が増えていった。

明子は同僚の典子に意地悪をされたりしてストレスを溜めていたので、メールで愚痴を聞いていたのだが、ある時そのストレスがかなり溜まっているように見受けられたので、二人で飲んで発散させようということになり、土曜の夜に女性好みな洋風居酒屋に連れて行った。

明子は

「旦那には(別の女性の)同僚と飲みに行ってくるとウソを付いちゃった」

と笑っていた。

俺ももちろん妻には何も話してない。

俺は下戸なので、明子が飲んで饒舌になっていくのを見ながらご機嫌に話すのを聴くのがもっぱらだった。

杯を重ね、一瞬会話が止まった時、明子は俺の目をまっすぐに見てこう呟いた。

「どうして20代の時に見つけてくれなかったん?」

俺はそれまで我慢していた物が一気にはじけ飛んだ。

その時、明子と出逢って1か月半が過ぎようとしていたのだが、

会話を重ね、メールを重ねるうちに俺は明子となんだか不思議なシンパシィを感じていたところだったのだ。

聴くと明子は旦那に殆ど遊びに連れて行ってもらってないらしく、それならばとっておきのイルミネーションを見せてやると、二人は店を出て車を走らせた。

場所は港にほど近いとある工場・・・。

ここのイルミネーションはすごくきれいなのだが、地方の小さな県のそのまた田舎にある工場であるため、そのイルミネーションのことを知っているのは地元の人間くらいで、俺たちが見に行った時も見学者は俺たち二人きりだった。

「手をつないで」

明子はそういって俺の手を握ってきた。

クリスマスまであと1週間、冷たい雨の降る夜のことだった。

その次の週の土曜日、俺と明子は地元から数県離れた小さな観光地にいた。

ドライブに誘ったとき、明子は

「車の中では手をつないでね」

と言ってきていたので、車の中だけでなく、街歩きの時に手をつないで歩いてもまず知っている人に会わないだろうとのことでの選択だった。

小さな観光地を俺と明子は高校生のカップルのように手をつないではしゃぎながら巡り、そろそろ帰ろうと車に乗り込んだ時に明子は俺に小さな包みを手渡した。

「これ、ガソリン代の代わりに・・・何回か分だよ」

「ありがとう」

と包みを後部座席に置こうとすると、

「開けてみてよ」

と悪戯っぽく微笑む明子。

包みを開くと中には腕時計が入っていて俺は驚いた。

実は、ドライブの前日に普段している時計の電池が切れてしまい、この日は時計なしで来ていたのだから・・・。

「バイクに乗るときにお守り代わりに着けてね」

明子は俺がバイクに乗っていると聞いて良い顔をしなかったのだが、止められないのはわかっている話であった。

俺は明子の顔をまじまじと見つめると、明子は目を閉じて顔を近づけてきた。

マズイ、このままだとキスしてしまう。

一片の良心が残っていた俺はキスを避けようとした。

しかし、思わず俺は明子の頭を抱き寄せ、頭を撫でてしまった。

そして、もう一度見つめあう二人・・・。 

「抗えない」

そう思った次の瞬間にはお互いに貪りあうかのようにキスを何度も交わしていた。

観光地の駐車場で、高速のパーキングで、明子の車を停めておいた駐車場で・・・何度キスを交わしただろう・・・。

そして、この時はっきりと自覚した。

俺はやっぱり明子のことが好きなんだ・・・と。

それから俺と明子は日に数回メールをやり取りするようになった。

だが、俺はこの時はまだお互いの家庭を壊す気は無かったし、当然それ以上の関係もなかった。

しかし、俺の心は苦しかった。

観光地に行った翌日はクリスマスイブだったのだ。

イブなら旦那としていてもおかしくないだろう。

俺は自分の妻とする気も起きず、妻もその方が楽だと言わんばかりに求めてくることもなかった。

明子としたいなぁ・・・。

こんなことを考えるようになったのはこの頃からだったろうか・・・。

年末年始、お互い逢いたいけど逢えない辛い日々・・・。 

わずかな隙間にメールや電話で話をするのが唯一の楽しみであり慰めでもあった。

年が明けたある日のこと、いつものように電話で話していたとき、年末年始に逢うことができず辛かったという話になった。

その時俺は、夢の中で明子とした話と、イブにはきっと旦那としていただろうと思うと心が苦しかったことを打ち明けた。

そして、今の旦那なんかよりも俺の方が絶対に明子のことを好きだという自信があるとも・・・。

「何を心配しとるん? ウチは今の子供を作るときにしたっきりだから5年程はレスだし、その前も私が好きじゃないからずっと避けてたんよ。だからクリスマスもしてないよ」

明子はそう笑いながら答えた。

なんだかホッとした。

1月は俺と明子の休みが全く合わない勤務だった。

そこで、俺は外回りで直帰できるのを良いことに仕事をサボって平日の昼間に明子と逢うことにした。

いつも待ち合わせる大きな公園の駐車場に車を停めて抱きしめたりキスをしたりしながら色々な話をした。

ふいに沈黙が訪れた。

明子は喋らず、俺も明子の次の言葉を待った。

明子はなにか考え込んでいるようだった。

大きく深呼吸をして明子はおもむろに口を開いた。

「あのね、今でも私としたいって思ってる?」

一瞬の沈黙の後、俺はコクリと頷いた。

「あのね、私ももう歳も歳だし、体の線が崩れてきているし・・・お腹だって・・・ほら」

と少しぷっくりとしたお腹を指す明子。

「そんなこと関係ない。俺は明子のことが好きだ。旦那よりも俺の方が明子のことを好きな自信はある。俺は明子としたい」

そう言うと明子は

「じゃあ、しよう!」

と明るく答えた。

少し戸惑って思わず今から?と言うと、

「今から!」

と力強く答える明子。

幸い近くにはホテル街もある。

手近なホテルに車で乗り付け取りあえずシャワーを浴びた。

明子はバスタオルに身を包み、ベッドの中で待っていた。

俺は近年、遅漏気味になってきていた。

今日はあまり時間がないのでもしかしたらイケないかもしれない。

だが、それは明子に魅力がないとかそういうんじゃなくて、俺が遅漏気味だから俺がイカなくても気にしなくても良いから・・・明子にそう説明すると、明子は

「私、今まで1回もイッたことないよ」

と答えた。 

おかしな話だが、私もいったことないから俺がイカなくても気にしないから気遣い無用ということなのだろう。

お互い少し笑って体を重ねた。

大きな胸を揉みしだき、乳首を舌で転がす。

はぁ、はぁ・・・ああん・・・と声を上げる。

「私、産婦人科で『下つきだね、性交痛も結構あったんじゃないかな?』って言われたの。旦那やその前の人とする時、いつも痛かった」

そう言われると、手マンしても声こそ少しあげるもののちっとも濡れてこない。

参ったな、こりゃこのまま少しずつ挿入れてみるしかないか・・・痛がりそうだな・・・。

そんなことを考えながら明子の入り口に押し当ててやると、今まで全く濡れてなかったのがまるで嘘のように濡れだして、それが泉のようにあふれ出した。

こんなことがあるのか!

少し驚きつつも、少しずつゆっくりと明子の中に入っていく。

キツイ、本当にキツイ・・・。

処女とまでは言わないけどこれは確かにあまり使い込んでない様子だ。

はぁ、はぁ・・・息を漏らす明子。

痛くないかと尋ねると少し歯を食いしばりながら大丈夫と答える。

ゆっくりと大きな息をするように言い、いよいよ明子の一番奥に達した。

そこからゆっくりとピストン運動を行う。

明子は俺に足を絡め、ぎゅっと抱き付き、俺の髪に手櫛を何度も通しながら

「気持ちいい?」

と尋ねてきて、それが何とも愛しく感じられた。

結局この日はお互いにイクことはなかったが、充足感はあった。

それから1週間後、俺と明子はホテルにいた。

熱いキスを交わし、ゆっくりと攻めていった。

明子は今までただの1度もイッたことがないとのことだったが、オナニーはしたことないのか?

と尋ねると、オナニーもしたことがない・・・と。

「自分で触るの?」

と驚いた様子で尋ねる明子。

そうか、そりゃイッタことなくて当然かもしれない。

いや、旦那にしろその前にしろ、自分のことだけを考えるのではなく、明子のことを大切にしながらしてやればイケないことはまずないはずだ・・・。

そう考えると俄然燃えてきた。

俺が明子に女の喜びを教えてやる。

そう意気込んだ。

俺は明子に目を閉じるように言い、明子のクリをゆっくりと舐め始めた。

クリを舐め、そこから入り口周りを舐めたり中を吸ったり・・・。

「ああん、いやん・・・」

そのうちにビクッとしてぐったりとした。

初めてイッタのだった。

明子に

「イケたね」

と声をかけると、今までイッタことが無いのでイクと言うのがどんな状態かもわからず、今のが「イッタ」と言うことにすら気づいてなかった。

そこから今度は俺が明子の中にゆっくりと入って行った。

「ああ、ああ・・・ああん・・・」

明子は下ツキなので、M字開脚をしてやると挿入れやすい。

しかも、膣が浅いようでその体制にすると俺の先が子宮の中にまで十分に届く。

「ああっ! ああんっ! はぁっ!」

俺が子宮の中にまで入ると明子は少し顔をゆがめながらそれまでよりも大きな声を上げた。

激しく突かずに、ゆっくりとこねまわしてやると明子もそれに合わせて声を上げる。

そのうちに、ウっ・・・といってぐったりとした。

どうやらイケたようだ。

明子に

「またイケたね」

と声をかけると

「え~、わかんないよ」

と答えた。

こうやって、何度かイカせ、そのたびに声をかけてイクという状態を覚えさせ、その日の俺のフィニッシュの時は一緒にイクことができた。

今までイッタことの無かった人間がイケるようになり、しかも同時フィニッシュまでできるようになるとはさすがの俺も驚いた。

それからまた1週間後、今度は色々な体位を試してやることにした。

イクことを覚えた明子は何度も何度もイクようになった。

俺が一番好きな体位は、女が横向きに寝て上の脚を大きく曲げ、下の脚に俺がまたがるようにして挿入するのだが、ヒダが良い具合に亀頭を刺激してすこぶる気持ち良いのだ。

この日は明子を初めてその体位にして挿入したのだが、

「ヤバイ、気持ちよすぎる」

と言って、いつにもまして大きな声でよがり狂う。

「ああ、、ああ、ああん、ダメ、いやん・・・」

そのうちに、ああっ!と一際大きな声を出したかと思ったら、

「あぁ・・・・はぁ・・・あぁ・・・・はぁ・・・・」

と苦しそうに声をあげながら明子の中は俺の物をギュウギュウと拍動的に締め付けてくる。

結局俺がイッタ後も明子はかなり長い間絶頂が続いた。

中イキであった。

初めはイクことすら知らなかったのに、今では1回のSEXで何度も中イキをするようになる。

そこから俺と明子は多い時は週に2~3回逢瀬を重ね、1回逢うと2~3回は求め合うようになっていた。

明子は毎回中イキし、俺のフィニッシュの時も同時にイッテくれた。 

身体の相性も心の相性も抜群だったのだろう。

旦那をはじめ、今までの男は自分の事のみを考えてしていたからなのだが、それを俺が女の喜びを教えることができた。

それはすごい満足感であった。

そうして、その年の暮れに明子は旦那と別れ、俺は年が明けた冬に妻と別れ、俺は明子と一緒になった。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。